結婚式で完全なる二人の結びつきをゲスト様に紹介!! | プリザーブドとは全く違い、生花・花束を加工して枯らさずに綺麗に残せる特殊技術の指導と受注。

プリザーブドとは全く違い、生花・花束を加工して枯らさずに綺麗に残せる特殊技術の指導と受注。

3タイプのPRECIOUS FLOWER加工!!

全国から非常に多く依頼を頂く108本のプロポーズの花。
加工する事で結婚式のブーケ、花は生き続けるのです。

想い出を形に残すべきです。

全国でもあまり知られていないからこそ、
普及の為に技術指導を行なっています。 


テーマ:

 

プロポーズ、そしてお二人の結婚式での  

 結びつきを花を通じて


実際のお客様から頂いたコメントと画像のご紹介!!







以前私どもにプロポーズされた花束を持ち込んで、

 

ソリッドフラワーに加工制作をさせて頂いたお客様を

 

是非ご紹介をさせて頂きたく記載いたします。





 昨年2017年9月15日記載

おめでとうと永遠の愛の99本のバラ


誕生日にプレゼントは、 

99本のバラの花束と彼自身。


9月9日の誕生日に永遠の愛を告白

彼女の誕生日でもある9月9日「永遠の愛」との本数に意味のある99本の花束を渡した彼。

幸せに満ち溢れている二人。

 

福岡在住のお二人、 

彼女との恋愛から結婚を考えている彼。


あれこれと悩んだ末の結論、

誕生日の日に花を渡してプロポーズをしよう!!



彼女の誕生日は9月9日。

プロポーズの花はもちろんバラ、

バラの色は当然 赤。

情熱の赤である。



誕生日の9月9日に合わせての99本と考え、

更にバラの本数の意味を確認すると

99本は「永遠の愛」と知って、決定。


お洒落なレストランを予約して、

と同時に花束をも予約。


彼とレストランのスタッフとの見事なる連携にて、

とてもナチュラルに

彼女に対してひざま付いて渡せたそうだ。


彼女も快く即答にて快諾されたのでした。

普段から明るいのであるが、

その時はうれしさが100倍、

小声で話したつもりで有っても、

レストラン中に響き渡るほど喜びを

隠しきれませんでした。


レストランを後にし、、、、、、



喜びがちょっと平常心にをやや取戻し、

彼女は花束の行く先を考えた。


このままなら時間の経過と共に、

花がダメになって枯れてしまう。


それならばと、、、、、、、

彼からの大切な 花束の重量を忘れない様にしよう!!

何度も何度も抱かかえて体に叩き込み!!


しかし、記憶ではいつか忘れてしまうし。。。。。。


ふとインターネットにて

このバラを保存加工して残してくれる所ってあるのかな?

と探していると最も近くにあるエコ・フラワーを発見。


仲良く連れ添って来店され、

打ち合わせの結果、99本を全て

残さなくては価値がない事を悟り、

立体額のソリッドフラワーに敷き詰める感じで、

オーダーを頂きました。



全てを愛で包み込む二人の笑顔とバラの花束。

我々は常にお客さまから幸せのおっそわけを頂いています。



https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12310966293


以前のアメブロの記事より


#プロポーズ#サプライズ#バラの花束#99本の赤いバラ#誕生日#レストラン

#ひざま付いて#バラの重さ#残す#永遠の愛




今年に結婚式を挙げられて
その時に制作させていただきましたソリッドフラワーを挙式に
ふんだんに司会者を交えて紹介をされたそうです。




ゲストをお招きする披露宴会場のウェルカムスペースに!!





新郎側の余興の際に披露宴会場に登場し、


「プロポーズの際に永遠の愛を誓うという意味を込めて99本の薔薇を送りました。」
今日のこの結婚式で、100本目となる1本を追加して皆さんの前で渡し、

99本から見事100本
「完全なる愛を誓います」と紹介されたそうです。

100本・・・・・・100パーセントの愛


















私が最も感動したことは、
99本の薔薇=永遠の愛~挙式当日には改めて1本追加されて
100本の演出をされたそうです。

 
100パーセントの愛に変わったのでした。




幸せに胸いっぱいになりました。
永遠に幸せに!!



エコ ・フラワー

定休日;毎週水曜日
電話;092-724-8617(水曜除く 10時~19時)

来社の場合必ず事前に電話にて予約の上お越し下さい。


eメール;mail@eco-flower.com




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ーー記念となる花を加工する全国でも数少ない専門店   
であり同時に普及活動としてプロの技術指導する専門会社。ーー

プレシャスフラワー加工制作方法


1、プレスドフラワー (押し花)


2、ボトルフラワー(ガラスの容器に入れる)


3、ソリッドフラワー

    (#3D/#立体額の中にそのままの形で残す)



桜でもずーっと残せます。

上記は制作して18年は経過しています。


コーヒーの花でも残せます。





各種その時の#想い出を#枯らさずに、

#長期間残せる技術があること自体知っているようで知られていません。

(事務所には18年以上生き続けている作品も数多く飾っています。)



プロポーズの花束が、

プレシャスフラワー加工にて立体額の中のソリッドフラワーに

加工された作品が3年 5年 10年と

ずーっと生き続けるって想像付きますか?


保存状態に問題なければ形はビックリする程長期間残るのです。


 私どもは想い出を形で残し、

注文された方々が作品を見る事で幸せの続く、

幸せのお手伝いをさせて頂いています。



桜の花は当然の事、


グァム・ハワイ・バリ等南国の結婚式の代表の

プルメリア 、
 デンファレ花・ブーケなど

エコ・フラワーでは全てを残す事が可能です。




有限会社 エコ・フラワー
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通1-1-1
サンセルコビル2F
TEL 092-724-8617
FAX 092-724-8618 


http://www.eco-flower.com               









エコ・フラワーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス