現在、私の恋人が、癌です(ステージ4 複数に転移。胃は半分切除、胆嚢全て、膵臓が3分の1切除)。 | 癌治療で死なないために・千島学説的ガン代替治療と超ミネラル

癌治療で死なないために・千島学説的ガン代替治療と超ミネラル

病気を治すのはお医者さんでも薬でもありません。
あなたの免疫、自然治癒力です。
そして、「人間ドック」にかかる医者はいませんし、こんなものは、欧米の先進国にはありません。
誤った医療常識を見直し、自然治癒力を高める「千島学説」と微量ミネラルを紹介します。


テーマ:

現在、私の恋人が、癌です(ステージ4 複数に転移胃は半分切除胆嚢全て、膵臓が3分の1切除)。癌が発覚したのは、おととしの10月です。

先日、医師から話を聞かされ ました。『今年いっぱい生きれるかどうか。』と。まだ本人には伝えていません。

他に、他に生きる希望はありますでしょうか?まだ諦めたくありません。 私に知識を下さい。

現在は入院ではなく自宅から通院しています。歩くことも、ほとんどできません。

救いたいです。生き延びてほしいです。小さな事でもいいので経験者様、医師の方、情報を下さい。 抗がん剤は、医師のほうから、体力的に難しいのでは。と聞かされ、現在は投与していません

 

ご心配ですね

参考までに:ベストアンサーに選ばれた回答を載せておきます。

アメリカで癌の治療法が見つかったようです ガンを治すには、 1)身体の解毒が必要です。 2)次に、身体をアルカリ性に保つことです。 3)そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。

4)身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。 5)これで数週間後にはガンが消えてしまいます。

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です) http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12135475812 http://matome.naver.jp/m/odai/2139113610902709401 

以上

 

まず、抗がん剤は、医師のほうから、体力的に難しいのでは。と聞かされ、現在は投与していません。とのことですが、賢明な判断だと思いますね。

 

ある公立病院で勤務していた医師は、「現代医学では手の打ちようがない」と宣
告され、いわゆる医者から見放されながらも、奇跡的に治癒に向かった、末期癌患者に共通していることがあります。
それは.、「これまでの誤った生き方に気付き、癌とともに生きよう、誤りに気付かせてくれた癌に感謝しよう」と、心の転換(変革)が出来たことである、と述べています。

じつは、三時間笑うと免疫細胞は6倍になるなるといいます。努めて楽しい毎日を。例えば、来年の何月に家族みんなでハワイに行こうよ!どこのホテルに泊まって、どこでどんな食事をして、どんなところを見て、どんなことをして遊んで、、、、そうするとその日まで元気で生きる人が多いんです。

まだまだ希望を捨てないでください。

本当のことをいいますと、現代医療のガン治療の標準3セット、手術、抗癌剤療法、放射線治療はいずれも患者の肉体的負担や苦痛が大きい割に、効果はほとんど期待できません

特に抗がん剤治療の副作用と患者の苦痛、その割にほとんど効果が期待できないという現実は知っておいた方がよいでしょう。

抗がん剤治療は別名化学療法とも言われていますが、聞こえは良いですが、第一次世界大戦で使用されていた、猛毒ガスのマスタードガスそのものです。猛毒のびらん性発癌物質です。

このガスの大量の在庫をアメリカの製薬会社が買い、このガスを原料として抗癌剤を開発したのです。当然、日本にはこの抗癌剤を使用するように圧力がかかります。

*「患者よ癌と闘うな」慶応義塾大学助教授 近藤 誠著 文春文庫などの著作

*抗癌剤の恐怖については「抗がん剤で殺される」船瀬俊介著に詳しく書かれています。

*岡山大学の医師へのアンケート「自分が癌になったとき、抗癌剤療法を受けますか?」271人のうちイエスは1人だけ!

じつは、代替療法のほうが癌を遥かに治す。それは食事療法とか、それから心理療法とか。そういう自然な代替療法のほうが癌を治すという事は、1990年のアメリカの政府機関 OTA報告という公式の報告でも、アメリカ政府は断定しているんです。

代替療法のほうが抗癌剤、放射線、手術よりも遥かに癌を改善させ治している。この事はもう、アメリカ政府も1990年にはっきりと認めている、このニュースも伝わらずに、未だに抗癌剤漬けになっているのが日本の癌患者達です。

日本は医療情報の鎖国ですね。しかし,厚生省もこの事実は知っています。しかし発表はしません。

病院などの医療産業の保護(金儲け)と、マスコミが報じないのは薬や医療関係の膨大な広告収入(金儲け)のためです。医療産業やマスコミの金もうけのために、国民の命は犠牲にされます

いずれにしても、癌の予防と発症してしまった時の根本療法としては,免疫システムの異常を正し、NKキラー細胞を自分の体内で増殖・活性化させるようにするべきです。

そのための有効なものとして、漢方、断食療法、微量ミネラル療法、食事療法、運動療法、温熱療法などが考えられますが、簡便で取り組みやすい方法として「微量ミネラル療法」をお勧めしておきます。

超ミネラル水(微量ミネラルを豊富に含んだ水です)を飲用または患部に塗ります。

費用も大してかかりません。病院の治療とも併用しても問題ありませんし、抗ガン剤治療の副作用を大幅に緩和し、細胞を活性化し治癒に向かわせます。もちろん、予防・再発には極めて有効です。

このページの右側中段にある「おすすめ動画」のYOU TUBE動画をぜひ見てください。

特に治療にこの超ミネラル水を使っている3人の医師の証言とNK細胞の動画は必見です。

超ミネラル水(微量ミネラルを豊富に含んだ水です)について

参考までに:

★超ミネラル水:http://www.1mineral.com/

以上

NPO法人 超ミネラル水普及研究会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります