【脱・量産型】自己表現×WEBプロモーションで勝手に差がつく"選ばれ"集客 -2ページ目

【脱・量産型】自己表現×WEBプロモーションで勝手に差がつく"選ばれ"集客

自己表現×WEBプロモーションで "選ばれ集客" を実現する、この先の未来で大きく飛躍するために欠かせない、自力と地力を養うための視点や考え方を発信しています。

 

7/8(月)20:00〜募集開始した

勝手に日本帰国記念『SNS集客コンサル』

 

募集開始から1時間で
45名満席になりました。

 

お申込みいただいた皆さま、ありがとうございますキラキラ

 

 

 

昨日、お申込みいただいた全ての皆さまに

ご連絡のメールをお送りしております。

 

 

もし届いていないという方がいましたら、

恐れ入りますが指定のメールアドレスまでご連絡くださいませ。

 

(メールアドレスはお申込み時の

自動返信メールに記載されています)

 

 

 

引き続き、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

参加受付中

【485名参加中♪】週1〜2更新 / ビジネス思考を垂れ流すFBグループ(参加無料)

 

↓この記事に関連した話。

人のSNSを見ると落ち込む?〜キラキラに当てられる、そんな時。

 

 

SNSを見ていると本当に色んな人がいます。

 

その中で目立つ人、目を惹く人が、

いわゆる『人気者』とされやすくて、

『売れている人』や『活躍している人』っていう位置付けになりやすいです。

 

 

でも、果たしてそれは本当??

 

 

image

 

(さてそれはどうだかねぇ・・・)

 

↓そういえば、こんな面白いツイートを発見しました。

 

 

(これ添付されてる画像まで見れる? ぜひ見てほしい!)

 

 

 

これはまぁネタツイートなんですけど、

ようは何が言いたいかっていうと

 

SNSとかの発信で見える部分なんて

ほんの一部分に過ぎないっていうことです。

 

私たちが見ているのはその人や

その人の活動の一部分に過ぎなくて、

その人が切り取った一部分を私たちは見て、

見たものに対する印象を決めている。

 

もっというと、評価している。

 

 

スゴく活躍してキラキラしているように見えても、

実態や実績は全然伴っていない人もいるし、

見え方に対して実力が追いついていない人だっている。

 

反対に、全然目立たなくて

「この人って活動してるの?」って思う人が、

実はめちゃくちゃ売れていたり、

世の中に向けた大きな事業を動かしていたりする。

 

 

でも、SNSとは不思議なもので

なぜだか私たちはスマホやPCを通した画面の世界を全てだって思いやすい。

 

 

image

 

(こーーんな広い世界の中の、

ちっぽけな自分が手にしてる、小さなスマホ。
確かに世界と繋がってるけど、

ネットさえあればどんな情報も得られそうだけど、
そこには自分のフィルターも情報提供者のフィルターも重ねられているのにね)

 

(SNSの魔力・・・おそるべし・・・!)

 

 

SNSには虚像も虚構もたくさんある。

 

ある意味それもエンタメの1つではありますが、

そこにどことなくお金の気配や

ビジネス的なものが感じられたり、

考えなしにまき散らかしていたりするのを見るのは、イヤ〜〜〜な感じ。

 

敏感な人や聡い人は、

そういったものはいち早く見抜いて、

虚像や虚構を撒き散らして

人気や収益を得ている人に対して

割と強めの嫌悪感を持っている人もいたりしますよね。

 

 

その気持ちは分からなくもないし、

 

「私はあんな風にはやりたくない」

 

そうやって言うのも、もっともだと思います。

 

 

でも、そうやって

嫌悪感や真っ向から全否定してしまうのは

勿体無いかなっていうのが、私の意見です。

 

 

キラキラしているけど実態が伴っていない人、

人気があって売れているけど

実力が追いついていない人に対して

色々ある思うところ。

 

それを一旦横に置いて、

色眼鏡なしにその人たちを見たら

 

魅せ方のうまさはピカイチ

 

なんですよね。

 

良いか悪いかは置いといて、

どうしたってそこは認めざるを得ないし、

魅せるために一生懸命な姿勢自体は、やっぱり凄いと思います。

 

 

image

 

自分自身の経歴やサービス、実績、

お客さんの成果などなど・・

もちろん嘘を語るのはNGですが、

どう切り取ったらどう見えるか?を熟知している人たちのプロモーションは強いです。

 

だから、その部分はお手本にして然るべし。

 

同じように『魅せろ』ということではなくて、

本質的に何をしているのか?の、

元となる要素を抽出して学び取り、

自分の『見せ方』に活かすことができると思います。

 

 

印象はつくれます。

 

だからこそ、

SNSの中の虚像や虚構を嘆くのであれば、

自分自身が『より良いサービス』と

『より良い見せ方』によって

出会えるお客さま、実際に関わり

貢献していけるお客さまを増やしていくアプローチを取るのが、健全だなぁと思います。

 

それができる人、絶対たくさんいると思うしね!

 

 

 

関連記事
人のSNSを見ると落ち込む?〜キラキラに当てられる、そんな時。

 

参加受付中

【400名参加中♪】週1〜2更新 / ビジネス思考を垂れ流すFBグループ(参加無料)

 

 

文章を書く時ってどんな風にして書いてますか?

 

私は頭の中で

ひたすら喋りながら書いています。

 

 

image

 

頭の中で喋りながら書いているので、

書きながら内容(に伴う感情)にあわせて

表情がクルクル変わっていたり、

 

頭の中でって言いながら

実際に言葉が口から出ていたり、

(なんでかメール書く時にそうなりやすい)

 

なんかいい表現が出てこない時には

体が横にうーーーーーーん?と曲がったり

逆になんか結構に乗っている時には

ピアノを弾いている人みたいに

体が前後に動いていたりします。

 

 

・・あれ、これ私、

ただの変な人じゃない?

 

 

下矢印なんでそんなことを急に書いたかっていうと、こちら。

企画家/コピーライターの山本真也さんのFacebook投稿より。

 

 

話せるのに書けない理由
 
話すのは得意なのに

書くのは苦手なんですって人はとても多いが、

それってそもそも書く時の前提がずれていると思う。
 
話す時は体の感覚、感情、思考などを

フル動員してるのに、

書くときは思考を中心になんとかしようとしている。
 
それじゃあ、感情とか体感覚を使って

話している時のような内容は書けるはずがない。
 
書くことは単なる記録とか発信ではなく、話すことと同じ。
  
コピーライターという仕事柄、

書くのが苦手って話はかなりたくさん聞いてきたけど、

そもそもの前提が違ってるから

書くことで話すほどの表現ができないんだと感じている。
 
これを実践するコツはまだ分からない。
 
ただ少なくとも、書く力を高めるには

 

「書くときも話すときの様に

体感覚と感情をフル活用」

 

という前提を

持っておくのがいいんじゃないだろうか?

 

下矢印その投稿に対する私の感想がこちら。

 

 

 

「文章書いてる時の

まなちゃんは見てて面白い」

 

と、過去に友人に言われたことがありますが、

真也さんが書いているように

 

「書くときも話すときの様に

体感覚と感情をフル活用」

 

というのは、

個人的にとてもオススメしたいです。

 

 

私の場合はその活用の仕方が

 

チェック(白地)脳内お喋り・脳内トークであったり

チェック(白地)実際に言葉として口から発することだったり

チェック(白地)体を揺らすことだったり

 

するんですが、

私と同じ体感覚が強いタイプの人は

このやり方はとても良いんじゃないかなって思います。

 

(怪しさもあるけど。笑)

 

 

image

 

良い文章というのは、

間違っても大人しく座ったままじゃ、

頭で考えているだけじゃ書けないと思う。

 

表面的にはうまくても、

自分で全然しっくりこなかったり

人には違和感で届いたりするよ。

 

 

みんな、もっと揺れてこう!(違)

 

 


キラキラ毎週火曜・金曜にFacebookライブ実施中!

【400名参加】これからの個人ビジネスの話 〜表には書かないまなの思考垂れ流し〜(参加無料)

 

 

 

 

昨日、久々に悔しくて泣いた話をしました。

 

 

思うのだけど、

自己成長は今の自分を

まず全否定することから

始まるなと思います。

 

STEPとしては

 

  • 今の自分の現状をありのままに見る
  • その結果をありのままに認める
  • その結果、全否定する
 
という感じ。
 
 
 
「今の自分のままでいい」
 
なんてことはない。
 
いいんなら、
欲しい結果は取れているはずだし
悔しい思いもしていないはず。
 
だから、これまでの自分は
これまでの自分としてただ認めた上で、
今の自分を超えていく必要がある。
 
 

 

自分を全否定するって苦しいこと。
 
でも、その一方でとてもワクワクすること。
 
 
超えた先にあるものは、
きっと今までから
一段上がった違う景色。
 
 
それが見たいから、
別に何も重々しくなく、ガーンとかもなく
ただ自分の足りていないところに目を向けて
 
(足りているところを伸ばすんじゃない。
それは別に何もしなくたって勝手に伸びるから)
 
補って強化していく。
 
ただそれだけ。

 

 

ちなみに、
自分という存在を肯定することと
自分の行う物事や
能力やスキルなんかを肯定することは
まったくの別物だよ。
 
(・・なんだけど、
そこを混同している人、便利な言葉に甘えている人、
逃げの口上に使っている人、なんか多くないか?とたまに思う)

 

 

image

 
さて、今日も1日がんばろう!
 
 

ベルお知らせ

7/8(月)に、日本帰国記念の
『SNS特別企画』をリリースします。


SNSを楽しく使うだけじゃなくて
しっかり成果に結びつけたい!という人は
ぜひチェックしてみてください。

 

 

↓↓↓先行案内はFBグループにて!

キラキラ参加者募集中

【FBグループ】これからの個人ビジネスの話 〜表には書かないまなの思考垂れ流し〜(参加無料)

 

SNSとか見ていると、

みんな凄いな〜活躍してるな〜〜、

それに加えて自分は・・・

 

なんて風に落ち込んでしまったり

焦ってしまったりすることってありませんか?

 

私はあります。

 

(生理前で落ち込んでいる時とかは

もう本当動けない上にメンタルが一気に落ちるので、

人のSNSや活動がキラキラ眩しくて

目が・・目がぁぁぁぁっ!てなったりします)

 

(嘘です。言い過ぎました)

 

 

image

(そんな時には美味しいご飯が効果的。)
(白米 is 最高!!)

 

 

そんな時に思い出したいのは、

いろんな人たちが発信している

キラキラした素敵な部分は
全然その人の一部分でしかないってこと。

 

 

特にSNSなんてものは
(特にFacebookやInstagramなんかは)

基本的には「リア充アピール」の場であり、

 

ビジネスユースしている人にとっては

 

「いかに自分を素敵に見せるか」

「サービスや事業を世の中に向けてPRしていくか」

 

という視点で使い倒していく場になります。

 


だから、それらの投稿を真に受けて

SNS等で目にする投稿=その人の全て!

みたいな風に考えてしまうと、当たり前に分が悪い。

 

 

ていうか、比べるだけ無駄。

 

 

image

 

人のことが気になる時って大抵調子が悪い時なので、

 

チェック(白地)体の調子が良くないんだったら

SNSなんて眺めずにさっさと寝るか、

寝れないんだったらベッドに横になりながら

Youtubeで好きな動画を漁って漁って見まくればいい。

 

余計な情報はとにかく入れない。

 

(ちなみに私はそんな時、最近は

日韓グローバルガールズグループ「IZ*ONE」の動画ばっかり見ています)

 

 

チェック(白地)体の調子じゃなくて

現実的なビジネスやパートナーとの

関係性がうまくいってないとかだったら、

他の人のことなんて気にしてないで自分の現実を直視して、

 

何が理由でそうなってしまっているのか、

今の事態を脱却するにはどうしたらいいかを、

ノートやマインドマップに書き出して取り組んだらいい。

 

人を気にしてる暇なんてない。

 

 

集中すべきはいつだって自分自身と自分の現実。

 

 

 

あと、発信で見えてる素敵な部分は

その人の一部でしかないってさっき書いたけど、

実力があってキラキラしている人は

その裏でものすごい量、努力してるってこともよくあります。

 

 

キラキラは上澄みに過ぎなくて、

その下には見えてる部分だけじゃ想像できない

色んな苦労や地道な積み上げが潜んでいる。

 

本人たちは、

努力や苦労って思ってないかもしれないけど、

活躍している人のこれまでの話を聞かせてもらうと

そりゃ売れるよ。人集まるよ。

活躍しないわけがないよ。

って普通に思います。

 

 

そうやって考えると、

みんな凄いな〜活躍してるな〜〜、

それに加えて自分は・・・

なんてうだうだ考えてる時点で、

全然まったく同じ土俵に上がれてない。

 

何言ってんの?って思っちゃったりするわけです。

 

(冒頭の自分に、盛大なブーメラン・・!)

 

 

image

 

結局ね、人のことなんて気にしてたって仕方ないし、

自分は自分のやるべきことに向き合って、淡々とやるしかないわけですよ。

 

落ち込んでる暇があったら自分も動く。

 

動けないならスパッと休む!

 

 

そんなつぶやき、というには長い、

SNSの投稿つれづれでした。

 

 

 

≫【390名参加中♪】週1〜2更新 / ビジネス思考を垂れ流すFBグループ(参加無料)