【発売】『経営財務』からの取材。どんな人生にもあてはまる大切なこと。 | 自分を大切にするためのやさしいマネースタイル 女性会計士 松田まり

自分を大切にするためのやさしいマネースタイル 女性会計士 松田まり

起業マネーコンサルタントの女性会計士が、自由な豊かさを手に入れるためのお金のリテラシーや知っておいてほしいお金の知識を余すことなくお伝えさせていただきます。

こんばんは。

 

松田まりです。

 

11月は私にとって、自分の基礎を見直す月間。

 

あまり、予定を入れずに、

 

松田眞理公認会計士事務所の

オペレーションを大きく見直したり、

 

新しいコンテンツやセミナーを企画創造したり。

 

何もないところからあるものを創ること。

 

私にはたまらなくテンションの上がる活動なのだと再認識しております。

 

こういった私自身の活動が、

 

公認会計士の中では、ちょっと(かなり?)異色な活動だったのでしょう。

 

『経営財務』という、会計業界では老舗トップブランドの雑誌より取材を受けました。

 

 

{0B7C5D0D-5D8A-4B8F-A64D-ECCD4225EE2D}

 

 

 

2ページにわたる特集記事。

 

お題は、「わたしの働き方」~独立公認会計士インタビュー~

 

勤務公認会計士ではなく、独立して活動している会計士にフォーカスしたこの特集記事。

 

これから公認会計士を目指す人や、若手公認会計士に

様々な働き方を提案する、というのが目的。

 

話すの大好き!な私は、

記者の方から質問されずとも、

勝手に一人でしゃべり続けて。。。

 

2時間ほど、たっぷりと話しまくった

内容を記事に集約するのは

大変だったかもしれません(笑)

 

「最後に話しておきたいことありますか?」

 

記者の方からこう質問されました。

 

今回の取材で私が一番伝えたいなあと思ったこと。

 

それは、

「公認会計士という資格はあくまで人生の中の一つのツールにしか過ぎない」ということ。

 

人生には達成したいそれぞれの目標があるはず。

 

そして、その達成したい目標に近づいていくために、

自分が持っているツールをどう活用していくのか。

 

 

その目標にとって、「公認会計士」は強力なツールかもしれないし

もしかしたらそうでないかもしれない。

 

それを決めていくのも自分。

 

それが一つのツールに過ぎないことを意識できれば、

公認会計士の枠にとらわれる必要がなくなってくる。

 

一つのツールにすぎないもの、として意識することで

逆に、そのツールとしての力が強まることもある。

 

そんな熱い話をしつつの取材でした。

 

 

 

 

あなたの人生の目標はなんでしょう?

 

その目標に近づくために、あなたの活用するツールにはどんなものがありますか?

 

 

決して間違えないようにしてほしいこと2つ。

 

人生の目標を達成するためのツールを手に入れることを人生の目標にしてしまうこと。

人生で活用するべきツールにいつの間にか人生に制限を付けられてしまうこと。

 

 

自分の人生の中で、自分がなにをなし得ていきたいのか。

 

常に意識を持っていたいものです。

 

個人セッションキャンペーンを開催いたします!



2つのノートを公開させていただくこととなりました。

 

プランニングを着実に実行に移すツール

「すごいノート」

 

気が付いたら経理が完成しているツール

「毎日ノート」

 

2つのノートの公開を皆さまにしっていただきたく、

11月 12月に個人セッション大キャンペーンを開催することとなりました。


2018年スタートアップ版として
大幅にリニューアル!

事前案内登録サイをオープンしました。

 

こちらにご登録いただくと、

一般公開前

詳細のご案内メール

お送りさせていただきます。

 

 

 

松田眞理さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります