あなたは   あの日
とても  笑っていた



少し前 わたしに
春には 
結婚するんです
式は あげません
写真だけでも と思ってます
と…話をしてくれた



良かったね
と わたしも喜んだ



ある日 わたしは何も
言ってないのに
『 この人 なんです 』と
嬉しそうに 写メを
見せて くれた


40すぎの彼女
一回り以上の年上の
彼は
正直いうと
かなり老けて見えた


『優しそうなひとやね』
それだけ
わたしは 言った



料理を よく作ってくれて
釣りに行く時
ついて行ったり
するんです


彼の 話を
わたしに 何回もしていた


もう結婚 しないかもと
自分で 思っていたけど
一緒にいたいと
思える人なんです


そんな 話を
わたしに
していた


わたしも 心から
良かったねと 思った



それなのに……


残念ながら あなたは
大タヌキでした



あの日 あなたは
バリスタの コーヒーの
粉を 入れられなくて
セロファンを 外さないと
入れられないと初めて
知った
わたし
知らなかったんですと
大笑い していた


今日は機嫌が いいのかな
コロコロと 笑う姿をみて
そう思っていた


その時は
タヌキの顔を
隠していた




どこへ札束  


やったの?


あなたは 知りません
そう
言った


あなたが
まさか




そう 思いたくなくて

わたしは 眠れなくなった

次の日も

その次の日も

あなたでは なければいい


そう 願った




でも

そのシッポが 見えてきたとき

あなたは みんなの前で

泣き出した





でも 最後まで ウソを

ウソで 固めた



あなたは

タヌキのままで

いいの?……



それで  あなたは

幸せになれるの?




あなたは 幸せに

なれない



早く


返して


あげてください




お願いします……









あなたから もらった画像⬇️
です



幸せになって欲しいひとに
送ると
受け取った人は
幸せになれる



その画像 受け取った あなたは
幸せに
なれるの
でしょうか………