1月6日は「Epiphany(エピファニー・公現祭)」。

 

東方の三博士が誕生したイエス・キリストの礼拝に

 

訪れたことを祝うカトリックの祭日です。

 

フランスでは国民の祝日ではないものの、この日に

 

ガレット・デ・ロア(王様のガレット)を食べて、

 

お祝いすることが伝統行事となっています。

 

 

中にはフェーヴと呼ばれる陶製の人形や動物の置物が入っていて、

 

切り分けた時に、フェーヴを引き当てた人が王様(女性は女王様)

 

となり、王冠をかぶって、祝福を受けます。

 

 

フェーヴは他にも食べものだったり、

 

 

食器や雑貨と

 

 

なんでもありで、フランスではエピファニーの1月6日だけでなく、

 

今月は何度でもガレット・デ・ロアを食べるので、皆さん、

 

かなりの数のフェーヴをコレクションしています。

 

ガレット・デ・ロアは近年、日本でも知名度が上がり、1月の

 

風物詩として、定着しつつありますが、日本ではフェーヴを

 

入れることは異物混入に当たるため、代わりに、アーモンドが

 

一粒入っているそうですね。(なにも入ってないところもあり。)

 

フェーヴ(fève)はフランス語で、そら豆。

 

陶製のフェーヴを入れるようになったのは19世紀後半から

 

ですが、元々は乾燥したそら豆を用いていたそうなので、

 

豆の種類は違えど、原点に戻ったとも言えなくもないのかも?

 

日本ではフェーヴは別添えで、いただけるそうですが、中から

 

どんなフェーヴが出てくるのか、また、誰が引き当てるのか、

 

ワクワクしながら味わうのがガレット・デ・ロアの楽しみなので、

 

食品衛生法の問題があるとはいえ、ちょっと残念に思います。

 

そこで注目されるのが、日本にも出店している

 

フランスの人気冷凍食品専門店 Picard です。

 

ガレット・デ・ロアはこの時期の売れ筋商品です。

 

しかし、日本用にわざわざ、フェーヴなしの

 

ガレット・デ・ロアを作っているとは思えません。

 

気になり、Picard のウェブサイトをチェックしてみると

 

なんと、ガレット・デ・ロアの

 

 

取り扱いがない~!

 

 

販売したくても国によって、事情が異なるため、

 

断念せざるを得なかったということでしょうか。

 

 

                                                                             Picard

ビジュアル的には似てなくもない、ガトーバスク ポイント。 は

 

ありましたが、ガレット・デ・ロアとは違うものね。

 

Picard のガレット・デ・ロアはオーブンで焼く必要がありますが、

 

焼き立てがいただけるというのは これ、最高!

 

しかもお手頃価格で、美味しいの。

 

 

                                                                             Picard

中のクリームが、カスタードクリームに、アーモンド

 

クリームを合わせた、フランジパーヌの定番ものから、

 

チョコレートクリームやアップルフィリング、

 

 

                                                                             Picard

さらに、マロン&カシスなんていうのもあります。

 

1月を待たなくても Picard では11月下旬から

 

ガレット・デ・ロアが店頭に並んでいます。

 

友は帰国する当日に購入して、無事に日本に持ち帰り、美味しく、

 

いただいたそうなので、興味のある方はトライしてみては?

 

※冷凍食品につき、あくまでも自己責任でお願いします。

 

宜しければ、こちら 仰天サイズの巨大ガレット・デ・ロア もあわせてご覧くださいませ。

 

皆さまの応援が更新の励みになります。

 

一日一回、それぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。

           ↓


   人気ブログランキング

 

☆こちらにもお願いします。 

     

 にほんブログ村

 

読者登録していただくと更新通知が届きます。