新年、明けましておめでとうございます。

日本より8時間遅れで、フランスも2018年を迎えました。
 

フランス東部のアルプス山脈一帯では大雪で、

 

道路の通行止めにより、約4,000人が身動きがとれない

 

状況になっているそうですが、パリはここ2日ほど、

 

この時期にしては暖かく、穏やかな大晦日となりました。

 

寒さが軽減されれば、根性なし夫婦の我々でも

 

カウントダウンイベントに参加できるかも?

 

よし!今年は行っちゃいますか!

 

とその気になったのも束の間、夕方から雨が降り出し、断念。

 

イベントが始まる前には雨は止んでいましたが、テレビ中継で、

 

人であふれかえったシャンゼリゼ大通りを目にしてしまうと

 

やはり躊躇してしまい、今年もまったり、自宅で年越しとなりました。

 

フランスでは新年のカウントダウンもチャンネルによって、

 

微妙にズレています。

 

何事もきっちりしている日本では考えられませんが、

 

フランスは適当です。

 

お隣さんは我が家より5秒ほど早く新年を迎えていましたから。

 

あちこちから「Bonne Année(ボナネ~!)明けましておめでとう!」

 

と聞こえてくるのもフランスあるあるです。


さて、2018年も在住者の目線で、パリ情報を主に、

 

日々の暮らしや旅行など綴ってまいります。

 

フランスを訪れる予定のある方には滞在にお役立ていただけるよう、

 

フランスを訪れる予定のない方にはいつかのための予備知識として、

 

また、一緒に旅したような気分になっていただけたら、嬉しいです。


皆さまにとって、2018年が健やかで、笑顔あふれる

 

一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さまの応援が更新の励みになりますので、

 

それぞれにクリック、よろしくお願いいたします。

           ↓


   人気ブログランキング

 

☆こちらにもお願いします。 

     

 にほんブログ村

 

よろしければ、 こちら フランスにはない!? あのお正月の風物詩 もご覧ください。

AD

コメント(10)