宇宙チルドレンとLove and Lights Ⅰ | 「天使の笑顔」南山みどり☆たいわ士

「天使の笑顔」南山みどり☆たいわ士

人生いろいろ…
活動のお知らせを中心に
書きたい事を 思いつくままに・・・

今日は出版後初めて、担当の野本さんとお会いしましたドキドキ

相変わらず可愛いらしい野本さんニコニコ

と、言ってもお会いするのは二度目なのですが、旧知の仲のようで、何だか懐かしくて嬉しいのです。

野本さんのお陰で宇宙チルドレンがこんなに早く出版されたのですから、特別な人です天使

でも野本さん曰く、「編集長さんの存在」が大きく影響したそうです音譜


出版秘話や電子書籍の事から始まって、お話に花が咲きました。

ネットから直ぐに読める電子書籍の利便性、プラス面は大きいのでこれから浸透すると思います。

が、やはり本の存在感、手にした時の喜びやページを捲る質感、ただの品物・物体としてだけではなく、手元に置いていただきたいのです、本を通して感じられるエネルギーは大事なのですよね~と語り合いました。

「宇宙チルドレン」はそういう意味でも、ぜひ手元に置いていただきたい本なのです音譜


まず、出版が決まるまでに、いくつものシンクロが起こりましたが、本ができる時にも起こったのです♪

表紙はPP加工といって、印刷された紙に接着剤を塗布してフィルムを圧着させてあるそうです。

表面の保護や光沢感の向上などがありますが、通常は色が変わってしまい暗くなるそうです。

宇宙チルドレンの場合は、星が消えてしまわないようにと細心の注意を払っていただいたそうなのですが星空藍色もタイトルのピンクもかえって色に深みが出てキレイになったそうですラブラブ!

印刷の方も気にしてくださって、普通では考えられないそうですが、刷り上がりの色の確認をしてくださったそうです。

本のデザインを考えてくださったデザイナーさんは、本の内容はご自身の事のようだと言われていたそうですが、本当に素晴らしいのですキラキラ

表紙の真ん中に一際輝く一番星がありますが、これは裏表紙にある星と同じ位置にありますお星様

そして裏表紙の「Hello myself. Nice to see me again.」の位置までも完璧でした!

これは友人と題名を色々考えてた時に、降りてきた言葉なので、どうしても使って欲しかったのです。

野本さんから裏表紙に使いますと聞いていたのですが…(後でお伝えします)

この一際輝く星からセルフヒーリングエネルギー「Love and Lights」が流れるように調整してあるのですキラキラキラキラ

何もかもが、必然で起こったのです虹

続きはまた…