独りぼっちの高ボッチ | バイクと犬とYシャツと私
2013年11月10日

独りぼっちの高ボッチ

テーマ:┣信州




この間の「陣場形山キャンツー」に続き、秋真っ盛りの信州を走ってきました、またテント積んで。

平成25年11月6日~7日

朝イチ、バイクのエンジンかけようとしたらセルが弱々しくかからなかった。
いよいよバッテリーが死にかけてるようだ。
そりゃ、山ばっか登って乗ってないしな。
家を出たところが坂になってるので、バイクをそこまで押し、坂を利用し押しがけたらブオンと目覚めてくれた。
ま、走ってれば充電するだろうと中央道を北上する。

テントを張ろうとしたのは前から気になってた場所「高ボッチ高原」
まだ山登りを始めていなかった2年前、ビーナスラインのついでに寄った場所。

その時のブログ

思いのほか眺望が良く記憶に残る場所だった。

ネットで検索すると諏訪湖の夜景越しの富士山が素晴らしく、
こんな写真撮りたいなと再び「高ボッチ」目指してバイクを走らせた。

高ボッチ高原まで我が家から約180km、高速利用してイッキに行けば約2時間で到着してしまう。
それも味気ないので中央道は「飯田」ICから下道で北上することに。

飯田から伊奈に続く広域農道は左手に中央アルプス、右手に南アルプスを眺めて走るゴキゲンな道。
のんびりと信州の秋を感じながらバイクを走らせる。


「千人塚公園」のため池百選「城ヶ池」越しの中央アルプス。



「木曽駒ヶ岳」の千畳敷カールを望む。




伊那谷越しの南アルプス「甲斐駒ヶ岳」とか「仙丈ヶ岳」

北アルプスの山頂付近は冠雪していたけど、中アも南アもまだ白くなってなかった。




北海道的な信州の風景。




時間の流れがゆっくりしている感じ。
リタイア後はこの辺りに移住してもいいな。
安曇野辺りとか、八ヶ岳の麓とかも良いな。
でもそっちは不動産、高そう。


そして銀杏並木が素晴らしい「きぬた農園」






黄色いジュータンが見事で毎年来ています。


飯田から駒ヶ根、そして伊那を抜け塩尻に着いたのはすでに午後4時。
また「高ボッチ高原」への入口がよく分からず行ったり来たりをして時間ロス。
地元民に道を尋ね高原に続く山道に入った頃にはずいぶん陽が傾いてしまった。



針葉樹の枯葉が浮いた走りにくい高原道路を慎重に駆け上がり高ボッチ高原の展望所に到着。



ここからは北アルプスの展望が最高なんだけど、残念な事に北ア方面は雲の中だった。

前来たときは、夕陽とか狙いのアマチュアカメラマンがたくさんいたんだけど、この日は僕ひとり。
まぁ、天気も下り坂、夕陽も雲に隠れてしまって撮るべきものは無かったんだけど。


諏訪湖が見下ろせる適当な場所に幕営。


「高ボッチ高原」の標高は1600mオーバー


夜は寒いだろうと思って飲む酒は熱燗に。




とっくり持参でちびりちびりと。

くぅ~、たまらんね!


諏訪湖越しの富士山は見えなかったけれど眼下に広がる諏訪の夜景はとてもキレイでした。



あした晴れたら前来たときに登らなかった「鉢伏山」に登ろう。
山頂からは360度のパノラマが広がる最高の景色らしいから。
楽しみぃ~と思いながら夢の中へ・・・・





zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz




そして翌朝・・・・














どよよ~ん・・・・


今年はガス男だなぁ、まったく!

天気予報では曇りだったのに朝から雨。

9時頃まで様子を見ていたが一向に止むそぶりを見せなかったのでカッパ着て撤収。

まぁ急ぐことはない、高速使わずに国道19号線で帰ることにする。

そして19号、塩尻から木曽福島辺りまでの山道、そりゃあすごい紅葉の色付き加減だった。

雨降ってたので写真はこれだけ、


「奈良井宿」の「木曽の大橋」付近の紅葉、圧巻です。


シールド越しにこんな色付きの山々を眺めながら、雨の国道19号をのんびりと家に向かって走った。

雨の中、黙々と走るのもなかなかオツなもんです、フンッ!