火曜より本日まで岐阜→姫路→宮崎の3泊4日の2019年初巡業中。

 

これから朝一番機で宮崎空港より羽田空港に戻り、都内で打ち合わせ後に在宅復帰へ。

 

本日の日経新聞デジタル版に「フリーランス支援へ法整備 厚労省、デジタル経済対応」という記事があった。

「特定の企業に専従せずに技能を提供することで報酬を得るフリーランスは、もともとカメラマンやコンサルタント、小説家など限られた領域の働き方だった」という。I MY ME MINEだ。

 

日経記事によると「広義のフリーランスは2016年に1千万人を超えた」という。

 

フリーランス増加にともなって「働き方を自由に選べるようになる一方、弱い立場になる人も多い。厚生労働省はフリーランスの仕事中のケガや病気を補償する労災保険の適用や、取引先企業と対等な立場を保つための契約ルールの整備を検討する。デジタル経済の進化に向け、健全な労働環境を整える」といった記事だ。

 

フリーランス歴20年の身としてはうれしい記事だ。自由の代償として労災や雇用保険といった保障がないこと。

 

自由と不安定と無保障を選ぶならばフリーランス。拘束と安定と保障を選ぶならば勤め人だ。そこが分かれ道。