昨日は茨城県へ日帰り。本日から土曜までは福岡→久留米→宮崎→日向と再び九州へ4泊5日ツアーとなる。

 

本日、博多天神の西鉄グランドホテルで開催される西日本シティ銀行・清水建設共催の医療セミナー「地域医療構想に寄り添う病棟再編成~あなたの病院でいま実践すべき戦略は何か?~」というテーマで講師。

 

自称・病棟再編成コンサルタントの自称・得意テーマだ。まだまだADL(日常生活動作)が自立している限りは全国行脚は続きそうだ。

 

10年以上前に私の原稿を読んだとのことで岡山での講師依頼のメールを頂いたのが付き合いのきっかけになった作業療法士で経営コンサルタントのメディックプランニング代表の三好貴之氏編著本が出版された。

 

ここ10年で一気に大所帯になったのがリハビリ部門である。かつては数人の職場で全員がプレイヤーで良かったが、現在のトップや中堅はマネジャーとしてのマネジメントが必要になった。

 

回リハ専門病院だとリハビリセラピストだけで100人超という大所帯もある。そこをマネジメントするのだから大変である。

 

筆者のクライアント病院でも悩めるリハビリ管理職は多い。それらに向けたマネジメント指南書。

 

理論と経験値の両方がある三好氏ならでの好著。他の執筆者も現役だ。

 

最初にストーリーがあって本文の構成は拙著「攻める診療報酬」に似ていると突っ込んだらオマージュ(敬意)とのこと。なら許す(笑)

 

◾️以下は同誌出版のロギカ書房ホームページよりの引用

 

http://logicashobo.co.jp/ホーム/医療機関・介護施設のリハビリ部門管理者のため/

 

「リハビリ部門のマネジメントを学ぶ場がない!まずは7つの手法を学びましょう」

リハビリセラピストがリーダシップを身につけ、管理者として成長する〝7つのストーリー″

書名 医療機関・介護施設のリハビリ部門管理者のための実践テキスト

編著 三好貴之 

◆A5判・240頁(H210×W14 380g)並製

◆本体価格 2,600円+税

 

●著者プロフィール

〇三好 貴之(みよし たかゆき)

 メディックプランニング代表/経営コンサルタント/作業療法士/経営学修士(MBA)/一般社団法人Medi-Care Management協会代表理事

 佛教大学、日本福祉大学、岡山大学大学院卒。専門は、病院・介護施設におけるリハビリ機能強化による経営戦略立案で、全国多数の病院・介護施設のコンサルティングを実践中。講演では、年間2,000名を超える医師・看護師・リハビリ職・介護士など病院・介護施設の管理者に対する指導とアドバイスを行っている。著書に「マンガでわかる介護リーダーの仕事」(中央法規出版)など、他多数の業界誌に特集、連載記事を執筆している。

 

〇細川 寛将(ほそかわ ひろまさ) 

 作業療法士/保健学修士/米国NLP協会™認定NLPプラクティショナー/医療介護複業領域パラレルキャリア研究家/医療法人陽明会まごころの杜施設長/株式会社クリエイターズ取締役/一般社団法人守破離代表理事/一般社団法人Medi-Care Management協会副代表理事

 星城大学・大学院卒。医療介護業界における「複業・パラレルキャリア」研究の第一人者。複業解禁による企業採用強化や個人キャリアの可能性を医療介護業界に広めるべく奮闘中。自身も介護施設の施設長でありながら、複数の法人役員やプロジェクトリーダーを実践。米国NLP協会™認定NLPプラクティショナーを保有しており、医療介護現場におけるコミュニケーションの重要性についても発信している。

 

〇廣瀬 哲司(ひろせ てつじ)

 作業療法士/ BMIA 認定コンサルタント/iStock by Getty Images Contributor/一般社団法人守破離業務執行理事/一般社団法人Medi-Care Management協会専務理事/office Annabelle 代表

 救急病院でハンドセラピーにおける専門領域を経験後、自らのライフワークであった写真を使った広告事業参入と同時に転職。その後、介護施設の中間管理職を行いながら様々な医療介護施設のマーケティングスタッフとして参画している。

 

〇甘利秋月(あまり しゅうげつ)

 言語聴覚士/ 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士/認知症ケア専門士/米国名称独占資格LSVT@LOUD 認定士/Medical Follower KoKoRo代表/一般社団法人Medi-Care Management協会常務理事

 防衛大学校卒。陸上自衛隊に入隊後、幹部自衛官にて管理職・幹部職を10年経験。複数の災害派遣における現場指揮官を始めPKO派遣家族支援責任者、教育訓練・情報管等責任者などに従事し、約100名の部下のリーダーとして活躍。医療介護業界に転身後は言語聴覚士として勤務する傍ら、入職2年目より戦略戦術企画室責任者、コンプライアンス管理責任者、法人教育企画責任者等に従事。大学の非常勤講師や、その他セミナー講師として企画・参加する。

 

●目次

第1章 外部環境要因を知る

 Before story「こんなはずじゃなかった長澤PT部長の葛藤」

 1-1 はじめに

 1-2 リハビリ管理者がマネジメントを学ぶ意義

 1-3 リハビリ業界をとりまく時代の変化

 1-4 過剰供給時代に向けての人材育成・キャリアデザインの重要性

 After story「外部環境要因を学び経営メンバーへと認められた長澤リハ部長の変貌」

第2章 リーダーシップの基礎知識

 Before story「地域包括ケア病棟の松本リーダーの挫折」

 2-1 リーダーシップ論の変遷とリハビリ部門への適応

 2-2 各役職に求められるリーダーシップ(部長、科長・主任、リーダー)

 2-3 各役職に求められるフォロワーシップ

 2-4 論理的思考による部門運営のすすめ

 After story「リーダーシップの発揮方法を学んだ松本の改革」

第3章 リーダーシップとフォロワーシップ

 Before story「生え抜き住友主任のジェネレーションギャップ」

 3-1 リーダーがフォロワーから信頼を得る3つの要素

 3-2 モチベーションリーダーシップ

 3-3 フォロワーシップ

 3-4 フォロワーシップとリーダーシップの融合

 After story「世代間ギャップを越えるリーダーシップとフォロワーシップ」

第4章 リハビリ部門のマネジメント 

 Before story「マネジメントを知らずに受け身だった小出主任」

 4-1 経営資源のマネジメント

 4-2 業務マネジメント

 4-3 時間マネジメント

 4-4 会議マネジメント

 After story「マネジメントで効率化し楽になる」

第5章 リハビリ部門を教育・人材育成

 Before story「自分で考えを押し付けたプリセプター吉本の失敗」

 5-1 臨床教育とは 113

 5-2 3つの能力開発

 5-3 OJTとOFF-JTの有効な使い分け

 5-4 セラピストのキャリア育成システム構築(求人、現職、管理職)

 After story「クリニカルラダーで教育を整理」

第6章 リハビリ―部門のコミュニケーションを活性化

 Before story「新任科長小坂のコミュニケーションの壁」

 6-1 コミュニケーションの基礎(言語・非言語コミュニケーション)

 6-2 効果的なコミュニケーション① アサーション・DESC法

 6-3 効果的なコミュニケーション② コーチング・NLP

 6-4 効果的なコミュニケーションの実践(術をいかに活かすか)

 After story「コミュニケーションスキルで問題解決」

第7章 マネージャーが知っておくべきこれからのキャリア戦略 

 Before story「“一生安泰”なんてあり得ない9年目遠藤のキャリアデザインとの出会い」

 7-1 セラピストにキャリアデザインは必要か?

 7-2 キャリアデザインを最大限活用するには?

 7-3 医療・介護のビジネスモデルを俯瞰する

 7-4 これから求められるのはビジネスモデルへの理解

 After story「セラピストとしてのキャリアデザインで社会問題を解決していく」