昨日は在宅で原稿仕事をして、夕方から東京湾アクアラインを超えて千葉県木更津市のアウトレットへ。

 

3本締め切りのうち2本完成で送信。残るは日経ヘルスケア。

 

今週、本日は都内だが、水曜は福山日帰り、木曜は静岡日帰り、金曜から土曜まで青森。

 

日曜は都内で日経ヘルスケアセミナー講師と今週もノンストップ。来週から南の島に10日間も逃亡するのだからやむを得ない。

 

以前から工事現場にあるこの製品が気になってしょうがない。

木更津は千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」だった。

 

ヘルメットをかぶったオネーサンやウサギやカエルなどいろんなキャラクラーがある。

 

ネットで調べると正式名称は「動物型単管バリケード」と言うらしい。

 

非常に分かりやすいネーミングであり、そのまま機能を表している。

 

工事現場には他に「コーン」もあるが、これは「とんがりコーン」と同様に形からのネーミングであろう。

 

一般病棟入院料の「急性期一般入院料」や「地域一般入院料」も名前だけではよく機能がわからない。地域医療構想においてもそうだ。

 

一方、特定入院料の回復期リハビリ病棟入院料や地域包括ケア病棟入院料になると機能は絞りこまれる。

 

「一般」と「特定」はやはり違うと一般人は思う。