昨日は在宅で今週の出張資料準備。本日は千葉県東部で関東だが、明日から金曜までは中津川→大阪→姫路→山形→岡山と移動。

 

山形がなければだんだん西への効率的な移動なのだが、仕事があればバグダッドでもカブールでも行く。

 

日経ヘルスケア9月号の「特集 在宅医療は“総力戦”に突入」に10月20日にSSKセミナー講師を一緒にやる熊本県甲佐町の谷田(やつだ)病院の藤井事務部長が登場していた。

同院と皮膚科クリニックとの在宅医療での連携や在宅医会の立ち上げについて紹介されている。この辺りの詳細はSSKセミナーでとPR。

http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18369.html

 

他にも日経ヘルスケア9月号には「算定する❓しない❓『急性期入院料2』『地ケア入院料1』」や(株)メディチュア渡辺優代表の寄稿「ますます重要になるDPCの機能評価係数Ⅱ」と読み応え満載記事が掲載。

 

オマケでボクの巻頭コラムも掲載。2012年10月から開始された「病院経営最前線」もちょうど今月号が72回目。来月から7年目に突入。

 

思えば病院職員現役時代の1998年に週刊医療タイムスにおいて匿名で始めた連載がきっかけでいろんな方と知り合うことができた。

 

掲載誌は変わったけど、20年に渡り、毎月、欠かすことなく医療業界に駄文を垂れ流してきたことになる。

 

もし、需要があれば連載30年〜40年に渡るかも分からないが、そのときは違うものも垂れ流しているかも分からない。

 

歳をとるといろんなものが垂れてくる。