少しブログ更新が遅れているので死亡説が出たかも分からないがバイタルサインありだ。

 

本日、午前中は原稿2本をフィニッシュ予定。午後から医学通信社「月刊保険診療」9月号の対談司会のために神保町へ行く予定。

 

今回は「コンサルタントEYEー2018年現在の医療機関の課題」というテーマ。

 

メンツは4人の新進気鋭のコンサルタントと司会はどこかの会長のようにパターナリズム(父権主義)が強くて老害となりつつある還暦直前・自称コンサルタント(I MY ME MINE)だ。

 

日経ヘルスケア8月号が出た。拙稿は運動器中心の回復期リハビリ病棟3でもともと1日提供リハ単位数も少ないため、18年改定で新設された地域包括ケア病棟入院料1の1日入院単価が上回ったという話。

さて、病棟編成はどうなるのか。