昨日は午前11時までに1日締め切り遅れの日経ヘルスケア6月原稿入稿。

 

今回は回復期リハビリ病棟1で実績指数37以上にならない病院の苦悩を描く。

 

本年3月号「地域包括ケア病棟入院料1の取得」、4月号「急性期一般入院料1(旧7対1)のダウングレード」、5月号「療養病棟の在宅復帰機能強化加算」という改定の病棟再編成シリーズの4弾目となる。

 

昨日11時からは高田馬場のサンルートホテルのラウンジで日経メディカルの「医師の働き方改革」に関する取材を1時間半ほど受ける。

 

その後、西武新宿線で東大和市のクライアントへ。それを17時前に終えて再び西武線、地下鉄を乗り継いで神保町の医学通信社へ。

 

「月刊保険診療6月号」の対談司会。メンツは上尾中央総合病院の久保田巧事務部長(右側)、永生会の中村哲生特別顧問(左側)。

論客ぞろいでテーマは「同時改定への作戦会議」。来月中旬発行予定なので乞うご期待。

 

本日の午前中は都内で某製薬メーカーの研修会講師。午後からは別の製薬メーカーへ行って再び研修会の打ち合わせと、メーカーJOB2連発。