中津川(岐阜)→姫路(兵庫)→宮崎→日向(宮崎)→札幌(北海道)の5泊6日、死のロード最終日の昨日は札幌から帰宅するだけ。

 

単に帰ったらもったいないと思いレンタカーで支笏湖(しこつこ)観光をする。支笏湖は空港がある千歳市なため、ちょうど帰り道になるわけだ。

残念ながら雨で「霧の支笏湖」だった。布施明の唄は「霧の摩周湖」(1966年)でした。

 

そんな唄、知らない。生まれていないはウソで8歳だ。気温11度の上に雨なのでスワンもヒマそうだった。

湖畔の桜は散り始めていた。そろそろ北海道の桜も終わりだが、やはり、日本は広い。

全国行脚のメリットは3月中旬から5月中旬まで各所で満開の桜を見ることができることだ。沖縄に行ったら1月からだ。

 

支笏湖にいた観光客はみんな中国語を話していて完全アウェー。そそくさと新千歳空港へ移動して在宅復帰を6日ぶりに果たす。

 

今週は本日が千葉県銚子市の一歩手前、火曜、水曜も都内JOB。しかし、木曜から日曜までは浪花、京、加賀への移動となっている。