昨日は勝手に関東学院大学を代表して関西学院大学シンポに参加。

会場の関西学院大学梅田キャンパスは阪急インターナショナルホテルに隣接したアプローズタワーというアクセスが良い場所にある。

 

やはり、社会人学生も多い大学院はアクセスが重要である。本年6月開講の「診療所を中核とした地域医療経営人材育成プログラム」のシンポジウムであった。13時30分〜17時までしっかりとお勉強。

プログラムのURLは下記。

https://kwansei-ac.jp/iba/service-jinzai/

 

受講生パネラーのディスカッションが面白かった。受講生と言っても病院理事長、薬品卸社長兼医師、医療コンサル会社コンサルタントと現場経験豊富。これは教える講師側が大変だと痛感した。

 

関東人は関西(KANSAI)学院大学と呼んでしまうが、KANSEIが正しいことは関西人なら当たり前。

 

そして、関学(KANGAKU)といえばもちろん関西学院大学。SEKI MANABUではない。わが関東学院大学はKANTOと呼ばれる。

 

本日は大阪から名古屋経由で岐阜へ移動。木曜まで姫路、京都の3泊4日ツアーは続く。

 

ホテルが「介護医療院」ならば毎日、在宅復帰なんだけど2018年診療報酬改定ネタ。