penのフランス語日記

「虎と小鳥のフランス日記」でフランス語を学習中のpenの日記。独学です。トリュフォーの映画を字幕なしで楽しむのが目標。フランス語とフランス全般の情報を楽しくご紹介。初心者むけの文法、語彙、ディクテなどの学習法、フランス映画、フレンチポップスの話題もあり。


テーマ:
こんにちは。penです。

Pannonica de Koenigswarter

Pannonica de Koenigswarter



「今週の物」はちょっとフランス語から離れるのですが、カミーユがジャム・セッションで歌っていたジャズのスタンダードナンバーのNica's Dream という曲で歌われているニカという女性を取り上げます。

この曲は有名で、いろんな人が演奏しています。作者はHorace Silver ホレス・シルヴァー。オリジナルの演奏はジャズ・メッセンジャーズ。長いので、一番短いセルジオ・メンデスの演奏でまず聞いてください。
2分51秒 静止画です



ニカというのは、変わった名前ですが、Pannonica de Koenigswarter(1913-1988)パノニカ・ドゥ・コーニングスウォーター(という読み方でいいのかな?)という、ジャズ(特にBebop)のパトロン、後援者であった女性のことです。

ニカは、ロスチャイルド家の人で、旧姓はRothschild。ロスチャイルド家は『ユダヤ系の国際的金融資本家の一族』と国語辞典に書いてあるほど有名な一族です。すごい家系です。

彼女が生まれたとき、家は世界で一番お金持ちだったそうです。

パノニカという変わった名前は東欧にある高原の名前がもとで、ここにいるチョウチョか苔の名前らしいです(苔説が正しいようですが・・)。お父さんのチャールズは銀行家であると同時に昆虫学者だったので、どっちでもありそうです。

ニカとジュール

ニカとジュール


イギリスのお城で育ったニカは1935年にJules de Koenigswarter男爵 ジュール・ドゥ・コーニングスウォーター と結婚し、フランスの北西のお城で暮らします。

ご主人はフランスのエンジニア、銀行家、パイロット。第二次世界大戦勃発後、シャルル・ドゴール将軍率いるレジスタンス運動をアフリカで行い、ヒーローとなり、のちに外交官となります。ニカも夫の後を追ってアフリカへ行き運動に加わります。

この時、フランスに残っていたご主人の親戚のほとんどとニカのお母さんはホロコーストで殺されました(お父さんはもっと早くに自殺している)。

子どもも夫もお金もある満ち足りた生活をしていたある日、ニカはラジオから流れるセロニアス・モンクの演奏を耳にして衝撃を受けたようです。結婚16年目の1951年に別居。56年に離婚。モンクには54年にパリの演奏会で会っています。

セロニアス・モンク

セロニアス・モンク


離婚後、ニカはニューヨークに住みます。この離婚がもとで、一族の相続人からはずされます。でもニューヨークでは、ジャズミュージシャンのパトロンとしてすごく援助しています。自分のホテルの部屋でジャムセッションを開いたり、ロールスロイスで送ってあげたり、金銭的援助ももちろんしました。

だからお金はあったみたいですね。特にセロニアス・モンクやチャーリー・パーカーによくしてあげていたので、"bebop baroness" や "jazz baroness" あるいは"Baroness Nica"と呼ばれました。baronessは男爵夫人という意味です。

1955年にチャーリー・パーカーがニカの借りていたホテルの一室で病死します。ずっと看病していたらしいです。チャーリー・パーカーはまだ30代半ばでしたが、ヘロイン中毒だったり大酒飲んだりで心身ともにボロボロだったようです。


チャーリー・パーカー


パーカーが亡くなっことで、このホテルから出るように言われたためニカはべつのホテルに移ります。このホテルをテーマにセロニアス・モンクが"Ba-lue Bolivar Ba-lues-are"という曲を作りました。

モンクもニカのお部屋で亡くなります。彼の看病もしていたようです。

そんなこんなで大勢のジャズ・ミュージシャンの後援をしていたので、彼女にちなんでたくさんのジャズ・ナンバーが生まれました。

フランス語で«Les musiciens de jazz et leurs trois vœux»という本が出ており、「あなたの三つの願いは?」というニカの質問になんと300人のミュージシャンがインタビューに答えているそうです。

フランス語版
写真集といった味わいです。
amazon.fr



こちら英語版



ニカ本人にも5人子どもがいて、孫やひ孫もいます。

以上Pannonica de Koenigswarter - Wikipedia, the free encyclopediaをざっと読んでみました。


最後にアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの演奏の「ニカの夢」をどうぞ

※YouTubeで聞く方はこちらから⇒Art Blakey & the Jazz Messengers - Nica's Dream



伝記1


伝記2
ニカの姪が書いた本です。これはハードカバー。ペーパーバックは来春の発売。キンドル版はあるけど現在取り扱いなしとなっていました。
日本のアマゾンも同じ状況です。
amazon.com

Baroness: The Search for Nica the Rebellious Rothschild



最後までお付き合いありがとうございました。
次回の「今週の物」でまたお会いしましょう。


pen

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

pen (フランス語愛好中)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。