2016-05-23 06:18:13

モヒカンリンゴ物語 その4 青森のリンゴと長野リンゴに違い

テーマ:モヒカンリンゴ



{E657B53D-72BF-4F12-B620-0433AD9AEDE6}

{4637B3E9-0065-448C-B0EE-EEBA272847CF}



工藤さんから北紅(きたくれない)という品種のリンゴジュースが送られてきた。すこし紅玉もまざっているのだという。酸味がすこしあって、香り豊かで美味しい。北紅は栽培が難しい品種のようで、生産数が少ない。工藤果樹園のリンゴは9月上旬に収穫が始まる「津軽」「黄王」から11月の「フジ」、「こうこう」まで、3ヶ月間、収穫がある。世界では1万種以上、日本でも200種類近くあるが、農林水産省に登録されているのは、85種。



工藤さんは次の品種を作っています。



9月、津軽黄王早生フジ



10月、シナノスィート、紅玉、北紅星の金貨

11月、サンフジこうこう国光シナノゴールド金星


という順序で収穫される。この13種は工藤さんが選んだ特に美味しい品種なのです。(下線のあるのは黄色い品種)




他の果物と違い、赤い品種は、色づきがまばらにならないように、玉回しをしないと売り物にならないそうです。作業が増えてしまう一つなのです。日本の消費者、バイヤーは赤くないところがあるリンゴを嫌う。玉回しとは、リンゴをねじって、陰になって光が当たらず赤くなっていないところにも光を当て、赤くするのですが、工藤さんのリンゴは特に芯が取れないので、そのような事をしても木から落ちないのです。




黄色いリンゴは日本人には赤いリンゴと比べ、なじみが少ないようで、黄色いリンゴの存在を知らない人もいるほどです。私の世代では、甘いが果汁の少ないインドリンゴがありました。




長野県と青森県は気温が違うので、出荷時期がずれていましたが、最近の温暖化で、青森県の出荷時期が長野県と同じになってきたというニュースを見たことがあります。リンゴは寒くならないと赤くならないので、長野県の9月のリンゴは、地面に起き、水をかけて赤くしていたそうなのです。




品種によって特徴は違いますが、長野県のリンゴは甘く、肉質が柔らかい。青森県のリンゴは酸味があり、歯ごたえがあるというのが工藤さん評です。




もひかん林檎の特徴

1)葉とらず完熟栽培

2)草生栽培

3)徒長枝を有効利用した無肥料栽培 (樹形がモヒカン刈りのようになるのはこの為です。)

4)無肥料栽培(無肥料栽培は広船地区ではモヒカンリンゴだけです。)

5)減農薬栽培(慣行栽培より最大70%減)

  慣行栽培12回 

  大規模栽培20回


  もひかん林檎 3~5回 7月中旬が最後の薬剤散布です。





高島屋でプレミアムリンゴとして一個500円以上で販売されている実績がありますが、高島屋さんからの要請でプレミアムリンゴだけは、リンゴ周辺の葉を取っているのです。




青森県でも、なぜ広船地区のリンゴが美味しいのでしょうか? それは、広船層という土質に

よるものだという研究があります。モヒカンリンゴ園の80%はこの広船層で作られています。




モヒカンリンゴHP

http://mohikan-apple.com/index.html








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。