トレードは、頭で考えたことを実行するだけ──こう考える人が多いのですが、この点について疑問を投げかけたいと思います。

たしかに、相場に肉体的要素はありません。
「イメージを少し変えただけで、行動の方向性が一瞬で変わり得る」
こう言いきっていいほど、頭で考える部分が大きいでしょう。


でも、大切なカネがからむシゴトですから、緊張した状態では、考えていることに反して行動力や瞬発力が低下します。

さらに重要なことがあります。
マーケットでは明らかに“競争”がある」という事実です。


株価と自分だけ……実用的な実践イメージはシンプルですが、実はマーケットを通じて間接的に、世界中のライバル(ほかの投資家)と利益を取り合っているのです。

結論は、いたってシンプル。

 

「考えれば、うまく行動できる」という理屈は決して間違っていないものの、ほかの参加者にも等しく与えられた条件だということです。


つまり、真剣に考えても、深く考えても、上手に思考を展開しても、それだけで優位性(ほかのマーケット参加者に対するアドバンテージ)を保つことは難しいのです。

では、どうするか──。


いくつもの方法があるでしょうが、最もカンタンで効果が高いのは、行動を限定的にする、守備範囲を狭いところに設定するという地味で控えめなアプローチです。

多くの投資家が、目まぐるしく変化する株価変動にうまく対処しようと躍起になり、散らかった行動を取って自滅します。
つい背伸びして、コントロール不能に陥るのです。
「そんな域に足を踏み入れない」
これが第一です。

そのうえで、混乱する人たちの売買を逆に利用するには、近づきたい気持ちを抑えて対岸に立ったままでいることです。

たとえ売買頻度が高くても、狙いどころや銘柄を広げず、自分の得意技を意識するだけで、悪い対処が悪循環になる可能性は低くなります。ダメな流れのときでも損を膨らませないという、現実的な対応がやりやすくなります。

でも、もっと考えてほしいのは、売買頻度そのものを落とす試みです。

個人投資家は、ほかのマーケット参加者に比べると、情報の量、質、スピードなどで不利な面がありますが、唯一最大の武器は「休むことができる」という点です。


毎月、あるいは四半期ごとの成績を報告する義務などありません。

本業や私生活のリズムを壊すことなく、ムリのない範囲でトレードすればいいのです。

この武器を使って意図的に休みをつくり、出動のタイミングを絞り込むのです。

細かい取り損ないは生じるでしょう。

でも、やりすぎてドタバタする失敗は起こり得ません。

なによりも、値動きを落ち着いて観察する“高台”に立ち続けていられます。

いずれにしても、なんでもやろう、どんどん進もうという姿勢では、自滅する可能性が高すぎてキケンですよね。うっかり、やりすぎてしまわないように、心地よくいられる範囲を設定することが、トレードの第一歩です。