牡鹿半島に向かって進んでいました。

 

途中、東日本大震災の震災遺構  大川小学校で、手を合わせていきたいと、立ち寄ることにしました。当時、多く報道されていたので、覚えてる方もいらっしゃると思います。

 

 

駐車場に車を停め、下りてみると、そこには、当時、繰り返しニュースで見た風景がありました。その風景を目にしただけで、涙があふれるほど、悲しい場所でした。

鎮魂の鐘を鳴らし、ご冥福をお祈りしました。

すぐには、その場を離れることが出来ませんでした。

写真を撮ることも、憚れたのですが…

忘れてはならない。という思いから、ブログに載せることにしました。

大震災の津波で、児童・教職員84人が犠牲になった大川小学校

 

 

 

 

低学年の教室が円形だったり、体育館のほかに、野外ステージがあったりと、楽しい学校生活がそこにはあったのだろうと…

犠牲となった子どもたち、どんなに怖かっただろうか、残された親御さんたちの悲痛な思い…

その場に立っていると、言葉にならない色々な感情が…

 

中央の木の看板の位置まで、津波が押し寄せたそうです。

 

周りは、住宅地だったようですが、今は、人が住めない災害危険区域になっています。

今は、何もなく、避難に向かった橋のたもとも見えますが、当時は、見えず、津波が来ていることに気付くのが遅れたそうです。

 

想定をはるかに超えた大震災、忘れてはいけない。

最近多い自然災害。

日頃からの備えが必要と、改めて思う。

 

大川小学校では、74人の児童が犠牲になりました。

ある日、突然、子供の命が消えるなんて、想像出来ない。

最近の、事故や事件に幼い子供たちが巻き込まれるニュースを聞くたびに、心が痛い。

昨日の事件でも、なぜ、何の罪もない子供を狙ったの。強い憤りを感じる。

犠牲になった方々のご冥福と、被害にあわれた方々の、一日も早いけがの回復をお祈りいたします。

また、その場に居た子供たちの心のケアが十分なされる事を、願います。

 

 

 

 

 

牡鹿半島へ行く時間が無くなったので、石巻のいつものお店でお昼を食べて…

これで、1200円コスパでしょ。数えてみたら、14種類のネタ乗ってました。

割烹って敷居が高いのかな?安くて美味しいのにあんまり混まない穴場のお店です。

あまり、教えたくないのですが…近くを通ったら行ってみてね。

 

 

帰宅。

おしまい。