【ベンチャー支援】ベンチャー企業の成功は・・・ | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)

知的財産の世界においては、ベンチャー企業が成功するか否かは、支援する弁護士・弁理士の力量で決まってしまうと、まことしやかに言われています。

正直、私自身、そう思います。

逆に言えば、知財戦略をどう立案し、実行していくかに掛かっていると言うわけです。

そんな中、知的財産権制度自体が、国際条約や国内法で詳細に定義されている制度で、法律及び制度を正しく理解しないと、知財戦略自体が立てられないのが現実です。

一方、大半の弁理士は知的財産権制度における権利取得等の支援のプロであるものの、技術経営(MOT)コンサルとしての能力は未知数であるというのが、正直なところです。もちろん、弁理士会は、MOTコンサルに関係する講習会等を、弁理士に対して積極的に行っています。

 

ベンチャー企業の経営者と弁理士の相互のたゆまぬ努力が、真に必要だと、強く感じます。