【商標・ブランド】商標登録出願が急増!? | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)

最近、新聞等で、商標登録出願が急増し、その結果として審査が遅れ気味であることが頻繁に報道されています。

確かに審査期間が延びているような感じを、私どもも受けています。

出願が増えている要因は、他人に先に商標登録をされてしまうと自分が使えなくなるという懸念が大きいのではないでしょうか。
実際、私どもも、その点について、注意喚起させていただいていますし、実際に侵害警告を受けるトラブルも多いと感じています。
(法律一般では、先に使用している人には既得権がありますが、商標法の規定では、既得権(先使用権)が、かなり厳しく制限されており、既得権がないと思った方が安全です。)。

他方、商標制度とビジネス全般の両方に詳しい弁理士に依頼した場合は良いのですが、弁理士に依頼せずに出願し、商標権を得たものの、使えない権利だったりするケースも増えています。
例えば、「図柄+一般名称」で出願して商標権を得た場合、権利行使できる部分は一般的に図柄部分だけなのですが、一般名称部分にまで商標権を得られたと勘違いされ他社に警告してしまうケースです。
他の例は、指定商品・指定役務(サービス)を勘違いして、欲しい範囲で権利を得られていないケースです。

むやみな出願を抑え、適切な出願をすることで、審査期間が長期化しても確実に権利を取得できるようにされることをお勧めする次第です。