【商標】「令和」という時代の始まり | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)


テーマ:

いよいよ「令和」がスタートしました。

産業財産権の世界では、既に「令和」に関する商標登録出願が、中国を中心に相当数なされているようです。

あやかっての商売なのか、便乗なのか、はたまた不正の目的での出願なのかは定かではありませんが、違和感を感じる方も多いかと思います。

ただ、審査結果はどうあれ、出願するのは勝手なのも事実です。

商標は、先願主義(先に出願した者に権利を与える制度)であり、後から「出願しておけばよかった・・・」では、遅いので、その点は十分に注意してください。

 

いずれにしても、新しい時代に応じた知的財産戦略が必要になっていることを自覚し、行動していただく必要があると思います。

加藤道幸@街の弁理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります