【商標】商品とお店の名前との関係 | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)


テーマ:

商標登録出願について、多くの質問を頂くのですが、その中で、商品名と販売する店舗の名前との関係についてのものが、非常に多いです。

「商品名=販売するお店の名前、というケースで、何類に出願すれば良いのか?」という感じです。

もちろん、ケースバイケースで、一律にお答えすることはできませんが、実は、権利取得の費用を抑えたいか否か、というのが、非常に単純ですが、判断基準になります。

費用を抑えるために、指定商品の数を減らし、区分を減らしたために、権利範囲が不十分だった、という悲劇は、頻繁に起きます。

このあたりの好ましい対処方法を、ご説明できるのが、商標も専門的に取り扱える弁理士のスキルの必須な部分だと思っています。

加藤道幸@街の弁理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります