【商標・ブランド】 商標管理が甘い日本の企業? | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)


テーマ:
 海外に自社製品を輸出するにもかかわらず、事前に商標調査を行わず、商品を出荷してから商標権の侵害の事実を知って、商品を回収に走る日本の企業は、以外の多いのが現実です。
 特に、商標登録よりも商標の使用実績がものをいう外国では、単に、商標権を他社に取得されていないというだけでは、正確な判断ができません。
 ましてや、和製英語が、その国の概念上で消費者に拒絶される場合も多々あります。
 現地の様子を熟知した商標専門の現地代理人をしっかり活用して、市場調査を含め、事前にやっていただきたいところです。
 そのための各種補助金も用意されています。

加藤道幸@街の弁理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります