【特許】研究開発段階での特許情報の分析 | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)


テーマ:
商品の研究開発の段階で、他社の特許権が気になる方も多いかと思います。
本来なら、企画段階で、その商品分野の特許情報を取得し、特許情報の分析を行い、果たして参入して良い商品分野なのかどうかを分析するのが、理想的な形です。
一般に、「パテントマップ」の作成・検討と言われています。

確かに、大手メーカであれば、このような特許情報の分析を行うのですが、中小企業では、なかなかここまでは、費用も手間も掛かってできないのが現実ではないでしょうか。

しかし、本当に基幹商品の開発をお考えなら、避けては通れないところです。

私共事務所でも、「パテントマップ」の作成・分析支援を行っておりますので、まずは無料相談で、ご相談ください。

また、国の支援制度を活用する方法もありますので、興味のある方は、こちらも参考にしてください。

中小企業等特許情報分析活用支援事業

加藤道幸@街の弁理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります