【産業財産権全般】熊本地震のお見舞い 並びに 緊急時の手続について | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)


テーマ:

 この度は、熊本地震により お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。
 また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 緊急時のさなかに、特許庁への手続きの期限が到来する等の手続きが必要な場合も多々あるかと思われます。
 このような場合、各種法律及び運用による救済措置が設けられております。
 期限が過ぎてしまっても、応答可能なケースも多数ありますので、焦らず、手続きを行うことができる安全等を確保していただき、その上で速やかに特許庁や弁理士にご相談ください。
 遠隔地の弁理士でも、個々の手続きだけでもお手伝いさせていただきますので、気軽にご連絡ください。
 もし、九州内の弁理士をご希望の場合には、当方提携先の九州事務所でも、支援に当たらせていただきます。

加藤道幸@街の弁理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります