【審査全般】特許庁の審査等の目標 | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)


テーマ:
特許庁は、各年度における審査の期間等の審査に関する目標を示しています。
今年度も、その目標が公表されました。
【特許庁】平成28年度において特許庁が達成すべき目標について
とかく日本の審査は遅いのではないかと言われますが、実際には、諸外国に比べて極めて迅速なのではないかと感じる機会が多いです。
ただ、あくまでも多いというだけで、すべてにおいて早いというものでもありません。
また、公表される目標の対象手続は、実は限定されており、目標設定がなされていないと思われる部分での迅速化も、是非ともお願いしたいところです。

加藤道幸@街の弁理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります