”うーん、絶妙なタイミングで文春砲が炸裂しましたね” | 北のマサ日記