娘の進む道 | 絵本を抱えてお茶を手に、陽だまりへ♪

絵本を抱えてお茶を手に、陽だまりへ♪

☆ご訪問ありがとうございます☆
NPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師
絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®
絵本とお茶の時間が大好きな 花梨と申します。
絵本のちからをお届けしています♪


テーマ:

 

前回の、夫の心の叫び・・・

 

(→→このときの記事です)

 

 

いえ心のではなく

実際は私には、ぶつけてくるのですが・・・

 

 

・・・を投稿しましたところ、

ご心配、アドバイス、エールなどをたくさんいただき

ありがとうございました。(;;)

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

こんにちは。

絵本の力を綴ります

ひだまり絵本館の花梨です。

 

うさぎ絵本で子育て「絵本講座」

うさぎ大人のための「絵本セラピー®」

うさぎ絵本と歌とお話し会 byMother Moon

                     承ります。

 

   (詳しくはこちらから)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚  

 

 

 

昔から

「不思議ちゃん」とか 「変わってるね」って

言われていた娘でした。

 

 

爬虫類を愛で、

 

買ってもらった自転車のヘルメットに

どんな「なまえ」をつけようかと

真剣に悩んでるような子で、

 

 

布類は、

縫うことを求めずに、

自分でホッチキスでとめてるような子でした汗

 

 

「招きねこ」をだっこしてとても可愛がっていました。

(それだけ、ではありませんでしたけどね)

 

 

・・・コロボックルも

 

 

・・・見た

 

 

・・・と言っていました。

 

 

 

けれど子どもの頃は、

大らかな学校の先生や、優しいお友達に恵まれて、

 

また私自身が、

「うん、それも面白い。なんかかわいいし。」

なんて、悠長に構えているところがありました。

 

 

中学生時代は、

かなり自分を押えていて

苦しいこともあったようですが、

 

 

高校ではまたのびのびと、

楽しい女子校生活を送っていました。

 

 

先生方もあたたかく、

かなり個性的ですね~」とは、言われつつもあせる

楽しそうでした。

 

ニュージーランドにも単身、

留学しました。

 

 

しかしこの頃でした、

定期券、時計、制服のカーディガン、

その他いろいろなものを

 

異常なレベルでよく失くしていたので

(妹いわく、小人か妖精のせいでは?)

 

心配で心配で、留学前に

神社でお祓いもしたほどでしたが、(苦笑)

 

留学から帰ってきてからはそれもおさまりました。

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

さずがに大学生になっても

 

「変わってるよね~」

「△△大学 一の、自由人だよね~」

 

と言われていると聞いて・・・

 

正直、ショックでした。

 

 

「〇〇って変わってるよね~って、よく言われる。

  今日も言われた。」 と 娘。

 

 

今日も言われた・・・って

リアルすぎますあせる

 

 

いったい

どこがそんなに変わってるんでしょうか?ショボーン

 

 

一緒に暮らしていないので、

親として とても不安になるのです。

 

 

もしかして私・・・

 

 

「絵本で子育て講座」なんてしてていいのか?

 

娘は私の、営業妨害になってないか?

なんてことも思ったりして(苦笑)

 

 

そんな娘なので、

就職活動も心配していました。

 

 

クローバー

 

 

実は娘は就活の途中で、

教育実習も経験していました。

 

 

これがまた、

 

先生方からは注意されることもあったようですがあせる

生徒さんらからは、かなり慕われていたようで・・・ハート

 

『バカっぽいから生徒に人気あるんじゃない?』(←知人談)

 

 

最後の日もたくさんのお手紙やプレゼントを頂戴して、

別れに涙していました。

 

 

娘自身も

「私、先生に向いているわ~むらさき音符」と言っていました。

 

 

先日、

急に帰省してきたのは、その高校の文化祭に行くため。

 

 

「生徒たちが待ってるから!」

 

スケジュールを無理矢理に調整して、

やって来ました。

 

 

ああ。

 

小学生の時に、

 

「うさぎさんが まってるから!」と言って、

 

 

真夏の炎天下、

夏休み中にもかかわらず、

 

毎日 小学校までうさぎのエサと水をやりに

真っ黒に日焼けしながらてくてく歩いて

通っていた姿を 思い出しました。

 

 

 

クローバー  クローバー

 

 

けれど、この夏

フランスフランスに留学したりして、

 

 

(→これはこれでまたやらかした)

 

 

いろいろ彼女なりに考えたようです。

 

教師になる道は選択しなかったのです。

 

 

image

ホームステイ先のマダム(元・教師)に

絵本 読んでくれてるけどハート

 

 

娘はもともと、

幼い頃から・・・というか小学生になっても、

 

「魔女になりたい!といつも言っていました。

 

 

ハリーポッターの

ホグワーツ魔法魔術学校に入学したい一心で、

ハリーやハーマイオニーと友達になりたい一心で、

 

 

「英語のべんきょう」を頑張っていました。

 

 

当時、習っていたエアロビクスの先生にも

自分で直談判してやめてきて、

「かわりに英語を習わせて欲しい」と言ってきた娘でしたびっくり

 

 

「好き」 の力はすごくって、

 

 

なんと、

 

 

英検1級

TOEIC860点 をとってきましたびっくり

 

 

帰国子女でもなく、

両親が英語を話せるわけでもないのに、

その努力はすごいなあと感心しました。

 

(親バカですねあせるすみません)

 

でも実際、

試験には落ちて、落ち続けて・・・

かなりしんどかったようでしたし、

いったい何年越しだったでしょうか、

 

8度目の受験で、ようやく1級に合格できたんです。

目標を持つって、すごいことだと感心しました。

 

 

もちろん、これからの時代、

 

 

ドラえもん

「翻訳こんにゃく~!」のごとく

 

優れた通訳機器も、もうすでに出ているし、

 

 

スマホのそういったアプリがあれば

 

通訳や翻訳なんてお仕事も、

必要でなくなるのかもしれません。

 

 

けれどその経験は、

なにかの力になっているんじゃないかな。

 

 

そして結局は、

資格がどうの・・・ではなくて、

「人」になってくるんでしょうね。

 

 

人間力というか、想像(創造)力。

 

「その人」としての魅力。

 

自分をどう

人に、

社会に活かせるかになってくるんだと思います。

 

 

 

AIと共に。

そんな時代を生きていく娘たちなんだなあと思います。

 

 

まあそんなことも

はじめは不安に思っていましたが、

このごろでは楽しみにすら感じていますキラキラ

 

 

 

「魔女になりたい!」と言っていた娘のエピソードは、

もし、よろしければこちらをお読みくださいね

↓↓

「魔女になりたかった娘のこと」

 

 

クローバー  クローバー  クローバー

 

 

さて その後 、

 

ほんとうに、おかげさまで

数社から内定をいただくことができました。

 

地元の企業もありました。

 

決断の時がやってまいりました。

 

 

 

そしてここで、

冒頭の夫のセリフ・・・

 

「だいたい、4年で 絶対に帰ってくるって

約束したから、大学 出してやったんだ。

東京で就職なんて、ありえん!

東京で一人暮らしなんて、ありえん!!」

 

だったのでした^^;

 

 

どちらにご縁があるのか。

10月早々、正式にお話をして決まります。

 

 

どちらを選択しても、

それは娘にとって必要な経験なんだと思うことにしました。

 

 

そういう意味では、

彼女の決めたことが、

ベストな進む道なんだと信じています。

 

image

娘のを見て、卒倒しそうだった母(おばあちゃん)

 

 

「もちろん、もう爪、外したよ~!」

「髪も黒く 戻したよ~」 と  娘(孫)

 

image

 

絵本を読んでもらっていたからって

 

優秀な子にもならなかったし、

 

しっかりした なんでもできる子になんて

全くならなかったけど、

 

ひとりでたくましく生きる力 が

 

 

徐々に備わってきているのなら

それは たいせつなことなんではないかな。

 

 

あ、その前に たいせつな

「健全な自己愛」はしっかり育って・・いそうです^^;

 

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こねこのぴっち改版 (大型絵本) [ ハンス・フィッシャー ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/9/27時点)


「こねこの ぴっち」
娘が 一番好きだった絵本だそう。

クローバー


最後にもう一つ、正直に告白すると、

夜、「寝る前の読み聞かせ」は、
ほとんどやっていなかった私ですキョロキョロあせる


(だってー。早く寝てほしくて、すぐ真っ暗にしていたから。)

(絵本を読めるのは、別に夜寝る前だけではないですから~)


けれど毎晩毎晩、必ず 添い寝して、
「ももたろう」他 を語っていました。


「むか~し、むか~し・・・・・あるところに・・・」
低~い声で・・・ゆ~っくりと。


娘は、毎晩毎晩 じっと聞きながら、
私の二の腕をもみながら、
眠りに落ちてゆくのでした。


私の二の腕がないと、眠れない娘でした。



image
Good luckハート


 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚

 

さてそして来月です。

長野県で「絵本で子育て講座」を・・・

 

この流れで

なんだかとっても恐縮ですが・・・させていただきます。

 

 

10月19日(金) 午後1時15分より

長野市権堂イーストプラザ市民交流センターにて

 

詳しくはこちらをご覧くださいね。

 

長野市絵本で子育て講座

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

 

長々とおつきあい下さり感謝です。

 

いつも、今日も最後までお読み下さって

ありがとうございましたピンク薔薇

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

【ひだまり絵本館】

花梨の

『絵本講座』

『絵本セラピー®』

『お話会』など

お問い合わせはこちらから♪こちらをクリックして下さいね。

 

NPO法人「絵本で子育て」センター所属クローバー絵本講師

絵本セラピスト協会認定クローバー絵本セラピスト®

「プレゼントに絵本」推進委員会クローバー会員

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作:花梨 /  絵: 宮本さちこ

 

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
子ども(未来)の笑顔が輝くために
もっと絵本の世界が広がりますように・・・虹
 
ひだまり絵本館 花梨

 

娘がかわいがっていた「招き猫」を

講座で見せてる私・・・爆  笑

 

花梨 ひだまり絵本館さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります