「やっさん」って・・あの「いないいないばあ」の? | 絵本を抱えてお茶を手に、陽だまりへ♪

絵本を抱えてお茶を手に、陽だまりへ♪

☆ご訪問ありがとうございます☆
NPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師
絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®
絵本とお茶の時間が大好きな 花梨と申します。
絵本のちからをお届けしています♪


テーマ:

 

 

「いや~・・・

 やっさんの絵はなあ・・・」

 

 

「ほいでもまあ、

 昔から上手かったけど・・・」

 

 

「いつも、

 教室の一番前に、貼られとったわ・・・」

 

 

耳

 

 

耳耳

 

 

耳耳耳

 

 

や・・・ やっさんってガーン?

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚

 

こんにちは。

絵本の力を綴ります。

ひだまり絵本館の花梨です。

 

ブルー音符絵本で子育て「絵本講座」

ブルー音符大人のための「絵本セラピー®」承ります

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚

 

 

読み聞かせに行っている小学校の

読み聞かせボランティアさんは

 

 

小学生ママさんの他にも

私のような、元・小学生のママだとか、

 

 

おじいちゃまおばあちゃまだとか、

 

就学前のお子さんのママさんもいらっしゃいます。

 

(・・・の割合の方が多いかも?)

 

 

 

お孫さんがこの小学校に通うAさんと、

 

Bさんが、

立ち話をされているのを小耳にはさみ・・・

 

 

ずるずるずる・・と

お二人に、にじり寄る 怪しい私。

 

 

だって、

 

 

お話されていた

 

 

「やっさん」って

 

 

どうやら

 

 

瀬川康男さんのことらしいのです!

 

 

 

びっくりぎょうてんですびっくり

 

いないいないばあ

 

 

なんでもBさん、

 

画家の瀬川康男さんと

んなじ学校に通っていたんだとか。

 

 

 

それで、

「やっさん」の絵は

いつも一人だけ大人びていて・・・

 

 

先生が、

彼の絵だけ教室の前に、

 

バーンと貼っていたのだとか。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

そのうち、

戦争がはじまって、

 

 

あちらで敵の軍艦をヤッツケタ!

そちらで敵の軍艦をシズメタ!

 

 

なんて

情報が入ると、

 

それを想像してみんなで絵に描いたんだそう。

 

 

海に

炎をあげながら敵の軍艦が沈む絵・・・

 

 

「それも、やっさん上手かったわ。」とBさん。

 

 

 

ところが

 

 

6年生になる頃には

 

 

戦争がはげしくなり、

勉強どころじゃなくなってきて・・・

 

 

「勉強なんか しとれんくって、

 やっさんと、

 

いつも防空壕を作っとった・・・

 

やっさんと毎日毎日、

 防空壕を作っとった・・・。」

 

 

 

 

なんだか

 

 

戦争が今、目の前に迫ってくるようで

 

当時の情景が

 

ほんとう のこととして。

 

 

映画やドラマや、

絵本で見聞きするものではなく、

 

ほんとうのこと。

 

 

あたりまえだけれど、

ほんとうに、ここであったことだったんだ・・・と。

 

胸が苦しくなりました。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

「それにしても、なんかなあ・・・

 

やっさんの絵はいかんわ~。

 

わたしらの頃は、

講談社の絵本で育ったでね・・・

 

これこれ、こういうやつよ。」

 

 

image

 

 

「これがいい。

 やっさんの絵なんて、そんなにいいかあ??」

 

 

ええ?

 

 

ええ!

はい! だんぜん、

 

断然、素晴らしいと思います!

 

 

image

 

 

 

 

「ほいでもわしらは、これで育ったでねえ・・・。」

 

 

image

 

 

 

 

いえいえ、

 

私は瀬川さんの絵が好きです。

 

素晴らしいと思います!

 

 

image

 

 

 

今、

ここの小学校に置いてある「講談社の絵本」は

 

復刻シリーズの「新・講談社の絵本」なので

 

 

実際、読まれていたのは

戦前のものだったかもしれません。

 

image

画像:国際子ども図書館よりお借りしました

 

こちらは

大日本雄弁会講談社が「講談社の絵本」として

1936年(昭和11年)に創刊した絵本。

<読む雑誌から見る雑誌>として

豪華な絵本をめざし、当時の一流の日本画家、

洋画家に挿絵を依頼したそうです。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

今、累計で

日本で一番売れているこの絵本、

 

 

瀬川さんの挿絵なんですよ!!!

 

 

 

 

「え~、いちばん売れとるん?

 

  へー・・・。 そうかん。」

 

 

ニコニコ笑いながら、

 

それでも嬉しそうに聞いて下さるBさんでした。

 

 

 

 

もっといろいろお聞きしたかったけれど、

 

 

読み聞かせをはじめる時間が近づき、

それぞれの教室へ・・・

 

 

ほんとにものすごく驚いたできごとでした。

 

 

 

それにしても

 

ここの市は、

 

ここの県は、

 

どうしてもっと

地元のこんな素晴らしい作家さんを

 

お招きして講演をしていただいたり

 

個展を開いたりしなかったんだろう・・・。

 

 

どうして?

 

 

ちょっとふまん。  です。

 

 

 

個展なら、まだできますよね・・・。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ももたろう (日本むかし話) [ 瀬川康男 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/29時点)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桃太郎 (新・講談社の絵本) [ 斎藤五百枝 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/29時点)

 

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

 

明日のイベントに、お越しくださるみまさま

 

チラシには、

御堂筋線 中津駅3番出口とあり、

もちろん3番からも行けますが、

 

※一番近いのは、1番出口でした!

 

ごめんなさいあせる

 

「河合塾大阪校医進館」の隣り

ですので

そちらを目指して、

どうぞお気をつけていらしてください。

 

7月13日(金)11:00~12:30

 

「絵本と歌とお話し会」

~ママへ、そして子どもに関わるすべての方へ~

 

詳細はこちらから

 

 

むらさき音符 むらさき音符 むらさき音符 むらさき音符 むらさき音符 

 

いつも、

今日も最後までお読み下さって

ありがとうございましたハート

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

【ひだまり絵本館】

『絵本講座』

『絵本セラピー®』

『お話会』など

お問い合わせはこちらから♪こちらをクリックして下さいね。

 

NPO法人「絵本で子育て」センター所属

クローバー絵本講師

絵本セラピスト協会認定

クローバー絵本セラピスト®

「プレゼントに絵本」推進委員会

クローバー会員

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作: 花梨 / 絵: 宮本さちこ

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
子ども(未来)の笑顔が輝くために
もっと絵本の世界が広がりますように・・・虹
 
ひだまり絵本館 花梨

花梨 ひだまり絵本館さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.