17日午後3時ごろ、羽田空港(東京都大田区)への着陸態勢に入っていた宮崎発スカイネットアジア航空58便(ボーイング737-400型、乗員乗客124人)の後部右車輪が出なくなるトラブルがあった。操縦士が手動に切り替えて車輪を出して無事着陸した。けが人はなかった。国土交通省などでトラブルの原因を調べている。

 国交省東京空港事務所などによると、手動で車輪を出した際、目視で確認したが、車輪のギアが固定されたことが計器で確認できなかったことなどから、予定時刻より約1時間50分遅れて午後5時ごろに到着した。

 トラブルの連絡を受けた東京消防庁は、化学消防車など8台を待機させ警戒した。【林哲平】

【関連ニュース】
航空トラブル:どうして?ドアに作業員の笛引っかかる NY行き航空機が成田に引き返す
爆破未遂:デトロイト上空、米旅客機で 男拘束、「アルカイダ」関与か
ジャマイカ:米旅客機がオーバーラン 40人以上けが
羽田空港:国内線発着枠、新規航空会社に手厚く
SNA:2期ぶりの黒字確保--中間決算 /宮崎

【このまま気まま】編集委員・荻原靖史 龍馬は、日本の希望じゃ(産経新聞)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
<ブルジュ・ハリファ>124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
平沼赳夫氏が新党結成へ(産経新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)