民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市内で記者会見し、政治資金規正法違反容疑事件に伴う自らの進退について「できる限り公正な捜査に協力し、国民が理解できる結論を得て参院選に臨みたい」と述べ、幹事長を辞任しない考えに変わりがないことを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

北朝鮮サッカーチーム来日?警備当局ピリピリ(読売新聞)
航対連と30年ぶり 豊中市議会が懇談(産経新聞)
<派遣村>閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者(産経新聞)