昼顔(映画)

テーマ:


昼顔の映画版がテレビでやるということで、観てみることにした。


ドラマ版は話題になっていたがリアルタイムで観ることはなく、少し経ってから観た記憶がある。
何人かの方に勧められて、そんなに面白いならと思い観た。
違和感が強かった。
強かったけどなかなか面白かった。


どうしても最初は上戸彩と不倫が結びつかなかったし、不倫物によくありがちな女性の泣き叫ぶシーンがどうも苦手である。
感情任せの女性ほど手に負えないものはない。
少し冷静になれば見えるものを、見ようとしない。


不幸ぶったり、美化したり、良い人ぶったりみたいなパターンはどうも苦手。



そういう意味では不倫作品が苦手と言うよりも、不倫作品の女性の描き方が苦手なのかもしれない。
罪の意識も強いし、本当は良い人だけど、苦しんで傷ついて生きてるんですみたいな。


そういう描き方をするなら同じだけ、悪い部分も描いて欲しい。
自己愛が強くなければ不倫も出来ないでしょ。
なんてカッコつけちゃいましたけど、やつぱり不倫が悪いことだという前提で描くなら説得力が欲しいです。
じゃないと話が進めば進むほど、違和感が大きくなっていく。


最終的にそんなに悪いと思ってるなら諦めろよって話になってしまうし。


そういう違和感は拭えなかったけど、ドラマ版は最終的に結ばれなかったということで、救われたような気がした。


逆に言えば善良な人達がダブル不倫して結ばれてしまったら、救いようがない。
だからドラマ版で終わっておけば良かったんだと思う。



映画版はちょっと酷かった。
何が描きたかったのだろう?



結局、上戸彩の善良なイメージを崩せなかったのだろうか?
それなら最初から違う女優を使うか、映画版は作るべきではなかったと思う。


あれだけ上戸彩を責めて不幸な女性に仕立て上げようとしても無理があるから、斎藤工を不幸にしておきます。
悪いのは伊藤歩です。
上戸彩可哀想でしょ。
でも、伊藤歩も可哀想だから許してね。


オイオイオイ何それ。


作る側が勝手に罪を裁いてる感じがして気分が悪かった。
観る側に決めさせることすら拒んでるかのようだった。
酷いと思う。


ここまで不幸にしたから良いでしょ的な。
そんな自己満あり?


結局、それじゃあ上戸彩じゃ無理だったと言ってるようなものだよ。
上戸彩側からなにか条件があったのだろうか?悪いイメージにはしないで欲しい的な。


よく分からないけど作品の内容よりも、作品自体が不幸に感じた。


金儲けのために無理やり映画化して失敗しましたというところだろうか。
テレビ局は観る側をなめてますね。


久しぶりに観なきゃ良かったと思った。
残念。



最終回を迎えるまでうまく掻き回してきたから、どうまとめてくるか楽しみだった。
最後まで飽きることなく、安定して楽しめた。



のってから真弓(中谷美紀)と綾子(木村多江)最終決戦で幕を開けたけど、やっぱりこのドラマは女性の為のドラマですね。男は添え物。
女性が強いですね。
もはや男女が逆転してるような印象さえ受けます。


時代なんですかね。
このドラマ見てるとそんな現実も受け入れたほうが幸せな気すらします。
真弓や綾子みたいな女性に対抗できる気がしませんもん。
昔は女性が泣きついてたのに、今や……
ホントにどっちが泣きついてんだって感じですよ。


最終的には題名から勝手にこうなるのではと予想をしていたけど、秀明(玉木宏)と真弓(中谷美紀)の関係は予想を外した。
ただよくよく考えればあの関係のが自然で、納得できる。
秀明は2度愛せる男じゃないわ。
可哀想だけど女性が1度冷めたら無理な男。


最終回になっても期待通りの間抜けぶりでしたし、仕事も出来ないし、良い夫でもないし、そりゃ面倒くさいわ。
真弓の性格なら寂しさよりも現実を取るのは納得です。
たまに会うっていう、いいとこ取りの関係が1番。



にしても茄子田先生は最後までブレなかった。
おかしな人まま終わってくれた。
エレベーターの中で「真弓は抱けない」って言っちゃうんだもんな。
俺変わるよって、いやいやそういうとこだろって突っ込んじゃいましたね。


挙げ句の果に回数にこだわっちゃうんだもん。
笑わせていただきました。


結局、良い人なんだろうけど、一方しか見えてないというか、ある意味不思議ちゃん。
そら女に利用されることになるよねっていう感じでしたね。
それはそれで幸せなのかもしれませんが、男の立場としては共感はしにくいな。
もうあそこまで一途だと不思議ちゃんとしか言いようがない。



なんだかんだで最後まで本当に面白いドラマだった。
最終回になってもキャラクターを膨らませて、登場人物がイキイキとしていたのは、原作、脚本、演出、役者の演技力がうまく融合したんでしょうね。


安定して楽しましてもらったドラマでした。
今季1番良かったです。

ミックス。

テーマ:



しっかり役者を揃えてきたので、もうちょい頑張って欲しかった。
さらっと観れるから最後までみれたけど…


Shall we ダンス?』や『ウォーターボーイズ』を期待しただけに、ちょっとがっかり。


映像も話も暗いんだよね。
もっと明るくふざけて欲しかったかな。
分かりやすて馬鹿でいいんだよ。


変に悲しい設定とかにされても、そういうんじゃないって思っちゃうよ。


うーん、それぞれは悪くは無いんだけど、なんかいろいろうまくミックスされてなかった。


残念。



5点満点中 3点

恋する惑星

テーマ:


久しぶりに「夢のカリフォルニア」が聞きたくなった。
ただそれだけで『恋する惑星』を観ることにした。


初めてみたのは20年以上前なのかもしれない。
内容はよく覚えてない。
面白かったような気がするが、改めて観て確かめてみた。


よく揺れる画面と不思議なストーリーといい感じの音楽。
この映画独特のムードに酔えるか酔えないか。
そんな感じかな。


私は酔えました。
深く考える必要がないのが良いですね。
ストーリーはあってないようなものかな。
ただ深い意味はないけど、うまくひねられてる。
そいで要所、要所で音楽で持っていかれる感じが懐かしく感じる。
こういう映画だったなと思い出してきますね。


なんだろうこの映画の持つ自由な感じというか、入り混じった感じは。
最近こんな映画あんまり見かけないな。
返還前の香港だから撮れたのかもしれない。


観終えて思ったのが、あの頃は何をしていたんだろう?
なんて昔を思い出してしまった。
何人かのことを思い出しそうになるが、顔が浮かんてこない。
それぐらい時間がたっているのだな。
まあ今と変わらず大したことしてなかったけど、それなりに楽しかったような気がする。


それと金城武は今何をしてるのだろう。
当時日本でもかなり騒がれてたけど、さっぱり聞かなくなったなぁ。
まあでもきっと元気にしてるんだろう。


そんな訳で久しぶりに観ても良かったです。
初めて観る人には意外と新しさを感じさせるかもしれない。


なかなか寝付けない夜にオススメ。
何も考えずに観ればあっという間に観終えると思う。



最後の衝撃が強すぎて、もはや原型が何だったのか分からなくなるぐらいだった。


前半のロード・ムービー的なノリも、それはそれで楽しんで観てたし、途中からいろいろビックリするような事実がバレて、それをデッカイ器で受け止める茄子田先生カッコいいみたいな感じだったし、そしてそのまま終わると思ったら…



最後の最後で真弓の茄子田先生と共に生きていく宣言!
ビックリした。
この展開は予想出来なかった。
先週の予告のこともあったけど、ちょっと慰めるぐらいのことだと思ってたから。
そうきますか。衝撃的にはなかなかですね。



このドラマのこういう展開がいちいち面白い。
最終回もひと波乱ありそうで楽しみ。



真弓と綾子の対決も面白かった。
お互いに嫌いなタイプだと言い合ってたけど、男の私から言わせて貰えれば、ちょうど間ぐらいが良いです。


正義感が強すぎる真弓と、頭の中がお花畑の綾子は共に極端すぎてクラクラしてしまいます。
人間ほどほどが良いです。
女性もほどほどが良いと思います。



そう言えば第10話、秀明いたか?なんて冗談ですけど。
茄子田先生とはうってかわって、日に日に存在感が薄くなってるような。
もはや間抜けでドジなイケメンにしか見えない。


知り合いの主婦の方はあんな玉木宏は見たくないとおっしゃっていたけど、女の人はやっぱりカッコいい男には格好良くいて欲しいものなのかな。
男の私としては全く分からない心理です。
もはやここまで来るとやらかすのを期待してますもんね。
慌てふためくコミカルで悲惨な顔が最終回でも見たい。



笑っても泣いてもあと1話になったけど、毎週のようにいろいろ展開してきて、登場人物の印象がどんどん変わるんだけど、ここに来てまさかの茄子田先生が1番良い人に見えるとは、誰が予想しただろうか。


とにかく来週で終わっちゃうけど、どうなるのかな。


題名が題名だけに元鞘に戻るのが1番ありそうだけど、果たして…