「茶葉」の読み | おおきに宇治市議会議員の水谷修です。
2018年05月12日(土) 09時05分01秒

「茶葉」の読み

テーマ:ブログ

「茶葉」の読みは、ただしくは「ちゃよう」である。

 

ところが、テレビ番組やテレビコマーシャルでは一様に「ちゃば」と読んでいる。先日のテレビでも「ちゃば」だった。

音読みでは茶が「ちゃ」、葉が「よう」なので、正しくは「ちゃよう」である。
茶業界では「ちゃよう」と正しく読む。しかるに飲料メーカーが「ちゃば」と言い始めて、今ではむしろ「ちゃば」が一般的になりつつある。

パソコンのWordでは「茶葉」に変換されるのは「ちゃば」で、「ちゃよう」では「茶葉」には変換されない。
辞書でも「ちゃよう」が主流になりつつあるとのことだ。

むかしから「おちゃっぱ」とはいう。
どちらでも良いようだが、行政や茶業の世界ではただしく「ちゃよう」と読んでほしい。

mizutaniosamuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス