ホリエモン仮想通貨祭 7/7

テーマ:



7/7に秋葉原で行われた『ホリエモン仮想通貨祭』に行ってきました!



このホリエモン仮想通貨祭ではホリエモンやvaluの社長をはじめ、仮想通貨に深く関わる著名人が講演や対談を行うというものです。


『仮想通貨のこれまでとこれから』、また『仮想通貨の技術をベースとした新しい経済のあり方、お金のあり方』など多くのことを語っていました!


仮想通貨に興味がなくても、自分たちのこれから働き方については無視することはできないと思います。



ホリエモン仮想通貨祭で見たこと、聞いたことを話したいと思います!






1.超美人!ミスビットコイン!
「生活費以外は仮想通貨!」




ミスビットコインこと藤本真衣さんが登壇し、初心者向けセミナーを行いました!

藤本さんは仮想通貨のアドバイザーをしていて、日本のみならず世界を股にかけて仮想通貨のセミナーなどを行なっています!


この人はとにかく人脈がすごい!!

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスのCEOともさらっと絡んじゃうですもん。

話もとっても分かりやすく、仮想通貨をお金の本質から振り返って説明してくれました!


中でも衝撃の一言は「生活費以外は仮想通貨!」

これを聞いた時、コンビニも自販機行けんやん!!って思いましたけど、

世界中を飛び回る藤本さんだからこそ、国境を越えた通貨として機能する仮想通貨の方が便利なのかもしれませんね


この話をまとめると、ミスビットコインの弟になりたい。




2.平野淳也×大石哲也×堀江貴文
「仮想通貨規制には楽観的」



投資家の平野淳也さん、ブロックチェーン協会アドバイザーの大石哲也さん、そして堀江貴文さんの対談は激アツでした!


堀江さんのイーサリアムの秘密鍵無くしちゃったんだよねぇっていうすっとぼけた話から広がり、仮想通貨の保有者が亡くなった場合の資産相続の話にまでなり、どんどん広がって行く話にワクワクしていました!


仮想通貨の規制がたび重なり不安が広がる中です「仮想通貨の規制には楽観的」な考えを示したことにはなるほどなぁ!と思いました!


FX取引サービスが規制されていったことを例にあげ、新しいテクノロジーには規制が付き物とした上で規制をされていくことによって仮想通貨が社会の中で形を作って行くとのことでした。

ですから、規制は通らなければならない道であり悲観的になる必要はないとのことでした!




3.小川晃平×堀江貴文
「2,3年後に仮想通貨が日常で使われる日がある日突然やってくる」




VALUのCEOである小川晃平さんと、堀江貴文さんの対談では仮想通貨の未来について熱く語っていただけました!


仮想通貨は実際に生活の中で決済手段として使われるのか?

単なるブームにすぎないのか?


こういった疑問がたくさんあることだと思います。


堀江貴文さんはそんな中、大胆に

「2,3年後に仮想通貨が日常で使われる日がある日突然やってくる」と超具体的に予想をしました!


しかも、metapsやメルカリといった勢いのある企業が仮想通貨決済を始めるという動機で爆発的に普及するとのことです!


ここまで具体的に予想されちゃうと鳥肌立っちゃいますね笑笑


仮想通貨が生活に馴染んだ社会。
楽しみですねニヤリニヤリニヤリ


4.超主観!「会場はNEM推し雰囲気!?」


どの仮想通貨がこれから来るかみんな気になると思います。

最後に超主観的な意見ですが、会場はNEM推しの雰囲気が若干強かったかな?と感じました。


堀江さんがNEMのガチホ(ガチでホールドの略)Tシャツを着ていたり、会場にもNEMのTシャツを着てる人がいたり、仮想通貨少女のNEM担当が来ていたりと、

堀江さんはTシャツについてオンラインサロンのメンバーが作ってくれただけと言い、NEMについてはあまり触れませんでした。


でも、なんかNEM多くね?と感じました!


勝手な予想だけど、NEM!来る気がします!笑笑



NEMの特徴であるPoIやモザイクのシステムはやはり目を惹くものがあります!

こういった機能に目をつけNEMに惚れる人が多いのかと思いました!




5.最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ホリエモン仮想通貨祭みたいなイベントに初めて参加しましたが、とてもいい経験だと感じました。

また、こういったイベントには積極的に参加してさらに仮想通貨に詳しい奴になりたいと思いました!

イベント自体は若干、グダってる感?(テレビ電話切れガチで進行グダグダ感)があったので、第2回やるならちゃんとやってほしいですね笑笑


最後まで読んでいただきありがとうございました😊