こんにちは!愛媛県松山市の美容室♪美髪クリニック Courbe代表の水野です。
 
 

僕のご予約はこちらから💁‍♀️

 

 

【Courbe ホットペッパー予約】

12月Courbe勤務日

12/3.4.6.10.11.12.17.18.19.24.25.26.30



12月は外部の仕事を入れずに、美容師に専念しております。ご新規の方もお受けしておりますので、ぜひ担当させてください。綺麗になって来年を迎えましょう!



「初めてご訪問された方は、こちらをご覧下さい💁‍♀️」

 

 

自己紹介はこちら



さて、今回のテーマは大好評の記事💁‍♀️


『絶対ダメ!ストレートアイロンの失敗例3つ』です。


クセ毛の方や、ダメージでの毛先の広がり(乾燥)をおさえたい時など、ストレートアイロンを使っている方も多いと思います。


そんなストレートアイロンですが、間違った使い方をすると大きなダメージにつながります。


今回は3つの失敗例をご紹介し、そのあとに正しいストレートアイロンの使い方を解説していきます。


【失敗例1】

・ボサボサの状態でアイロンする
綺麗なストレートヘアになりません。


【失敗例2】

・髪とアイロンの角度が平行でない

このようにアイロンの跡がついてしまいます。

【失敗例3】

・濡れた髪にアイロンする
大きなダメージにつながります。必ず完全に乾いた状態でアイロンしてください。


【正しいアイロンのやり方】

1.まずは綺麗にブラッシング。

ダメージ毛や絡まりやすい方のブラッシングは、タングルティーザーがオススメ。 

長さの違う2段階構造のブラシで、絡まり防ぎ、ヘアのダメージを最小限に抑えます。


 
2.2〜3段にわけて、髪とアイロンの角度は平行。


左手で髪を持ちながらアイロンすると、綺麗に伸びます。

上の段は少し角度を持ち上げると、根元から伸びて跡もつきません。

3.仕上げにシアバームで艶出しを。
この季節の乾燥や紫外線を防ぎ、潤いを長時間キープします。

根元→毛先→表面の順で馴染ませます。

表面に優しくつけることでアホ毛対策にもなります。

使ったのは『Aider エード』

ストレートヘアの艶出し、パーマや巻き髪のスタイリング、ダメージで広がる毛先に、ヘアアレンジ前のベース、お肌やハンドクリームに♪

などなど。沢山の用途にお使いできる、限定500個のみのオリジナルヘアバームです。



成分の詳細はこちら💁‍♀️

 

 

Amazonで購入できます💁‍♀️
 
 
 
 


期間限定の200円OFFクーポンを発行していますので、ご活用ください☆

使い方動画はこちら💁‍♀️



完成しました!

動画にもまとめてます💁‍♀️




ダメージをケアしながら、操作性も良く気に入ってます☆


髪質やダメージ具合で変わりますが、160〜180度でアイロンしてください。


以上になります。


ストレートアイロンは綺麗になる魔法のような道具ですが、間違った使い方をすると、取り返しのつかないにダメージにつながります。


正しい使い方をすることと、使う頻度を減らして、髪の休養日を作ってあげることも大切になります。


乾燥する季節ですが、美髪を目指して頑張ってくださいね^_^


『追記』


僕の来週のCourbe出勤日は12/3日(火)、4日(水)、6(金)になります。





ご予約はこちらから💁‍♀️



【Courbe 水野ホットペッパー予約】



こちらからでもご予約可能です。


 【Courbe公式LINE@】
 
 友だち追加
 

1対1でのメッセージですので、お気軽にご連絡くださいね♪


カットカラー、又はカラー含む複合メニューはご指名できます。



顔周りのカットの違いで、朝のスタイリングが簡単になります。自分に似合うヘアスタイルがわからない方はご相談下さい。



ご予約に関しまして、ご不明な点がございましたら、レセプションまでお問い合わせくださいませ。



【Courbe 公式ホームページ】



最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
妥協は一切なし。徹底的にプロ目線から『美髪』のアドバイスをさせて頂きます。