~TRUE LIFE~ 癌でも延命は出来る。

~TRUE LIFE~ 癌でも延命は出来る。

癌でも延命が出来るはずだと僕は鹿角霊芝を知り痛感をしています。人は誰もが健康で長生きをしたいと願うものです!自分のライフスタイルを変えるだけで長生きは自分で作り出していけるはずです。


テーマ:

言葉を失って得た感覚

右半球と不思議な世界

 

先週は祖父母の眠る

天草(このまちはやっぱり落ち着くな〜)と子供の結婚式に〜

 

私は 今

  どれほど多くの人達に支えられ

  どれほど多くの人達の

  お世話になっていきているのか…

  計り知れない

 

  こんなにも恵まれていることに

  どれほど私は感謝しているのか…

 

そして何の為に生きるのか…

 

 

 

 

 


テーマ:

長い間、日本人の死亡原因の第3位が脳の血管の病気です
その多くが脳梗塞です。
脳梗塞をいったん発病すると、たとえ命が助かったとしても、
多くの場合、麻痺などの後遺症が残ってしまいます。 

似たようなものとして脳卒中という名前をよく聞きますが、
そんな医学用語はないらしいです。

脳卒中とは、脳血管障害のことで、
脳梗塞、脳出血などの脳疾患の総称です。

血管障害の中の1つの病名に、生活習慣に大きく関係のある
脳梗塞というのもがあるということになります。

脳梗塞は脳の血管が老廃物などで詰まることによって
血流が悪くなったり、止まったりすることで
脳の組織が損傷する病気です。

脳出血は、脳の血管が破れて脳内に血液が染み出し
他の脳細胞をも死滅させる病気です。 



脳梗塞は文字どおり、脳に梗塞が起きる病気です。

梗塞とは、ある部分で血液の流れが止まってしまい、
必要な血液を得られない箇所の細胞が死んでしまうことです。

脳の細胞はほとんど再生しないので、
脳梗塞で失われた機能は取り戻せません。

ですから、命が助かっても、後遺症が残ってしまうのです。 
脳梗塞の原因は、大きく分けて二つあります。

1つは脳の血管そのものに起こる動脈硬化(脳血栓症)です。

脳の動脈硬化が進んで血管の内部が狭くなり、
血液の流れが悪い部分ができていると、

ちょっとした血圧の変化などをきっかけに、
その部分に血栓(血の塊)ができて
血液の流れを完全に塞いでしまいます。 

もう一つは、脳でなく心臓の出来事によるもので、
その大部分は、代表的な不整脈である心房細動の結果、

心室にできた小さな塞栓が血液の流れに乗って
脳の血管に運ばれてきて、そこで血流を塞いでしまう
(脳塞栓症)という、起こり方です。 

脳梗塞の発作が起きると、手足のしびれや麻痺、
ろれつが回らないといった症状が現れ、
時間とともにひどくなっていきます。

これらの症状が突然現れたら、躊躇せずに
救急車を呼ぶことが、なにより大切です。

脳の血管の中で血栓や塞栓が血流を止めてしまうのが、
脳梗塞の原因です。ですから、脳梗塞の予防には、
血栓ができにくいように、血液を固まりにくくしておくことが、
これからの予防につながります。

いわゆる「血液サラサラ」の状態が良いわけです。 

なお、脳血栓を来す動脈硬化の予防には、
その危険因子である高血圧や高脂血症、糖尿病などを
きちんと治療すること、そして禁煙が必要です。

一方、脳塞栓による脳梗塞については、心房細動など、
不整脈の管理が重要です。 

生活習慣病は様々な病気と合併してしまいます。
それは原因が一緒だからですということは原因をなくせば、
すべて無くなる可能性があるということです。

決めてはやはり、血液サラサラです。

東洋医学では高血圧や高脂血症、糖尿病などという言葉はなく、
血液の病気に分類され血行障害と判断するそうです。

そこで、血液がサラサラになるような
生薬を組み合わせて治療します。

その中でもとりわけ注目が集めているのが鹿角霊芝です。

コレステロールを分解して体外に排出する働きのある
有機ゲルマニウムも豊富で、さらに、血栓の生成を抑制する
ヌクレオチド(抗血栓作用)までも豊富に含有しています

鹿角霊芝には高脂血症を抑制する作用
(血液中のコレステロールを低下させる強力な働き)

この働きは、近畿大学東洋医学研究所の薬理実験で実証済みです

また同大学の診察部門において高血圧の患者さん10人に
鹿角霊芝を摂取してもらう臨床実験をした結果

なんと、10人全員にコレステロール、中性脂肪、
β‐リポタンパクなどの血中脂質が減少されていました。

その他にも患者さんからは倦怠感、肩こり、頭痛までも
改善したという報告も寄せられ、さらには、鹿角霊芝を
2ヶ月以上摂り続けた患者さんからは、肌ツヤがよくなり、
痔や歯槽膿漏などの持病まで改善されたそうです。

その他にもたくさんの研究で鹿角霊芝の有効は証明済みです
しかの副作用がない自然の生薬です。

鹿角霊芝には血圧安定成分や有機ゲルマニウムが持つ
血液浄化作用、そしてドロドロ血を改善する抗糖尿病作用など、

多数の有効成分が相乗効果により、血流の改善だけではなく
免疫力をたかめるなど全身に作用し体質改善していく

東洋医学的根治療法の強力なパートナーと言えるでしょう。
 
仮に、もし脳梗塞の発作が起きてしまったときに大切なことは、
1分でも早く専門的な治療を受けることです。

治療開始までに要した時間の長短が、発作後の予後
(命が助かるか否かや、麻痺の程度)に大きく関係してきます


テーマ:



実際に専門家の先生に聞きました。

現在市販されている一般的なサプリメントは、
副作用が無いように「効くか、効かないか」の
微妙な量が入っているのが一般的だと。

確かに薬では無いわけですから、
そうしないと今の日本では販売できませんね。

イメージで認識されている傾向の方が強く
効果で判断されているものは、とても少ないみたいです。

昔は健康食品・サプリメントなどはありませんでしたしね・・

1990年頃から、国民の健康意識の高まりや、
テレビ番組での紹介によりサプリメントへの認識は広まり、

また医療費高騰の対策として、国政として
予防医学を進めて法整備や規制緩和が行われました

これにより、一般の人に健康維持の意識を高めてもらう目的で
サプリが推進されていき、日本でも一大市場となりました

最近では、高度な医療や新薬なども沢山開発されていますが、
ガンなどの生活習慣病や、認知症は年々増え続けています

人間には本来免疫力があり、どんな病気にも、
勝ち続けてきたのが私たちのご先祖様です。
負けていれば滅びています。

病院も薬もない時代からずっとずっとです。
ですが、今の時代は大きく違います。

人の免疫力を高める栄養素が足りないのです。

ストレスや運動不足なども原因にあげられますが、
食事が大きな問題であるのは誰もが知るところでしょう。

ミネラルの無い綺麗な野菜、米、水ではなく、
食品添加物をはじめ着色料、農薬などで作られた食べ物・・・
日本人が自然に摂取出来ていた必要な栄養が圧倒的に足らないのです。

今も時代、昔と全部同じ食事をとることは
まず不可能に近いでしょう。

ここで、薬ではないサプリメントが必要となるわけです。

天然の栄養素をたっぷり含んだ合成品ではないサプリメントが大事です。

あまり知られていないようですが、
世の中に出回っている約2万点ものサプリメントの内、
約98%は科学的に合成された物質、、
つまり(人工健康食品)と言われています

サプリメントは直訳すると、「追加」「補足」という意味です。
国内で言えば「栄養補助食品」という意味で使われています。

簡単にいえば、一般の食生活では不足しがちな、
ビタミン・ミネラル、その他の栄養素を簡単に
補給できるようにと考えられた食品のことです。

サプリメントは、基本的には栄養素なので、
人間の体にもともと存在して使われている物質なので、
食品と同じと考えてもいいです。

ただ、医薬品は、通常は人間の体には
もともと存在しない物質が多く含まれています。

ガンや心臓病は西欧では1990年代から、徐々に減って来ています。

その理由は、アメリカでは政府の政策が西洋医学中心から
サプリメントの服用を含めた予防医療などの代替医療に
今、大きくウエイトがシフトして来たからです。

現在アメリカなどでは、約60%以上の人々が健康目的に
サプリメントを常用していると言われています。
結果が出ているのです。

人により足りない栄養素も違いますので
摂取し過ぎるのは、あまり良くありません

バランスよく天然ミネラルが、自然と摂れるサプリメントなら
これからの時代に対して効果的と言えると思います。