英語圏では、親しさを表すためにニックネームが使われます。自己紹介をする時に、'Call me ◯◯' と自分から呼び名としてニックネームを知らせる場合もあります。

でも、ニックネームにはある法則が働いていることは意外に知られていません。意外なニックネームもご紹介します。
 

英語のニックネームの法則1:名前の後半を省略する

一般的なニックネームの付け方として、元々のgiven name(下の名前)を短くする法則があります。名前の後半を省略します。
 

  • Raymond→Ray(レイモンド→レイ)
  • David→Dave(デイヴィッド→デイヴ)
  • Jonathan→John(ジョナサン→ジョン)
  • Walter→Walt(ウォルター→ウォルト)


ディズニー創設者のウォルト・ディズニーもこれにあたりますね。「ウォルター」が本名ですが、親しみやすいニックネームを使っていたようです。

 

 

英語のニックネームの法則2: 名前の前半を省略する

 

法則1とは反対に、名前の前半を省略して短くする法則があります。
 

  • Elizabeth→Beth(エリザベス→ベス)
  • Andrew→Drew(アンドリュー→ドリュー)
  • AlexanderXander(アレクサンダー→サンダー)

 

英語のニックネームの法則3: 名前の最後に 「イー」をつける

名前の最後に「イー」をつけると、途端に親しみのある可愛い感じになります。日本語の「ちゃん」や「君」に近い感じをイメージしてください。

「イー」が-y表記になる名前

  • James→Jimmy(ジェイムズ→ジミィー)
  • Catherine→Cathy(キャサリン→キャシィー)


「イー」が-ie表記になる名前

  • Charles→Charlie (チャールズ→チャーリィー)
  • Susan→Suzie(スーザン→スージィー)


英語の幼児語が「イー」を単語の終わりにつけることがあるため、可愛く親しみがある感じがします。例えば、drink(ドリンク)ならdrinky(ドリンキィー)、bed(ベッド)ならbeddy(ベディー)のようになります。
 

ミッキーマウスの本名は?

ところで、この記事のタイトルにもあるディズニーランドのミッキーマウス。Mickeyもこの「イー」で終わるニックネームの一つです。

ミッキーマウスの本名、なんだと思いますか?
実は、Micheal(マイケル)である可能性が大です。

今度ディズニーランドに行ったら、ミッキーに「マイケル!」と声を掛けてみたくなりますよね!
 

英語のニックネームの法則4: 本名とあまり似ていない場合もある

「ペギー(Peggy)」は女性のニックネームなのですが、本名はなかなかピンときませんよね。Peggyは、もともとはMargaret(マーガレット)です。ちょっと無理があるのでは……、と思われた読者の皆さま。実は、私もそう思っています(笑)。

MargaretはMegになったりしますが、ここまでは納得ですよね。しかし、なぜかMegがPegに突然変異して、PegがPeggyなら仕方ないか……、と落とし所が見つかる気がしますよね?

似たような感じで、William(ウィリアム)Bill(ビル)になったりもします。WilliamがWillになり、突然変異でWillがBillという経過をたどるわけですね。

これらの「突然変異」は、より発音しやすく簡単な音に流れた結果だと思います。Will(ウィル)の最初の「ウ」は、正確に発音しようとすると、かなり唇を丸くして突き出し、力が入ります。

ところが、Bill(ビル)の最初の「ビ」は、「ウ」に比べると子どもが発音しやすいばかりでなく、大人も二日酔いとか具合の悪い時であってもラクに発音できるのです。

他にも、Richard(リチャード)はRic(リック)になり、RicはDick(ディック)になったりします。これも、MargaretやWilliamの例と同じように考えれば納得ですよね。

いかがでしたか?

今回は元々の名前に基づいたニックネームを取り上げてみました。
ニックネームは、他にも色々な由来があります。ご興味を持たれた方は、周りの方や著名人のニックネームをぜひ調べてみてくださいね。