友人との約束やこれから展開するビジネスなどについて話すとき、日本語でも「きっと」「おそらく」「十中八九」「たぶん」のような可能性を表す言葉を、多用しますよね。

英語でも同じように、perhaps, maybe, probably, possiblyなどがよく使われます。

ところが、日本では「多分=maybe」とだけ覚えられがちで、それぞれの単語のニュアンスを理解して使い分けることはあまり意識されていないようです。

でも、maybeのコアの意味をわからず使うと、ネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。

All About最新執筆記事です。続きは無料でこちらからお読みいただけます:
https://allabout.co.jp/gm/gc/471040/