英語には、日本語のような敬語・謙譲語の仕組みはありません。

しかし、だからと言って目上や目下関係なく、みんなに同じ話し方をしている訳でもないのです。

英語には英語世界の「丁寧語」が存在し、TPOによって使い分けられています。

日本語の敬語や謙譲語の仕組みを思い浮かべると、なんだか英語の丁寧語なんてややこしそうだな……、と敬遠してしまいたくなるかもしれません。

でも、意外にちょっとした工夫で、皆さんの英語はぐっと改まり丁寧度が増します。

今回は、そんな英語の丁寧語について、そして丁寧な表現にする簡単なコツを例を挙げてお伝えいたします。

eigoni

英語の丁寧語は、自分の価値を高める

さて、私が皆さんに英語の丁寧語をぜひ見につけて頂きたいと思うには、理由があります。それは、ご自分の価値を高めるためです。

日本語の敬語や謙譲語は、相手に対する一種のマナーであったり、日本社会の習慣として身につけるべき嗜みですよね。

一方、英語の丁寧語を身につけることは、何よりも「自分のため」だと考えられています。

ネイティブスピーカーでも、改まった丁寧な表現や言い方はきちんと学んで身につけるもので、最初から出来るわけではありません。

ですから、自分の教育程度や社会的な常識などをわきまえている人間かどうかを示す指標として、改めて学んでいます。

インターネットで検索してみると、英語のネイティブスピーカー向けに丁寧語の使い方を解説しているサイトがあったりして、努力しながら身につけていることがわかります。

ですから、外国人として英語を学ぶ私たちも、丁寧語を学ぶという点では、ネイティブスピーカーたちと同じようなスタートが切れるとも言えます。

そして、丁寧語はスラングや日常会話の英語よりもずっとわかりやすく学びやすいのです。

英語の丁寧語は何と言ってもビジネスシーンには欠かせません。ぜひビジネスパーソンの皆さんには、自信を持って使えるようになっていただけたらと思います。

英語の丁寧語はどんなもの…「3つの基本」を知る

英語の丁寧語は、日本語の敬語や謙譲語とは全く違う仕組みで成り立っています。ではどういうものかを端的に表すと、以下のような特徴があります。

  • 1. 長い方が丁寧
これは英語に限らず日本語でもそうですが、省略した表現ではなく、手間をかけてきちんと伝え合うと丁寧になります。

例えば、次の英文をご覧ください。例文の数が大きくなればなるほど丁寧になります。

  • 1. Come to the party.
  • 2. Please come to the party.
  • 3. Will you come to the party?
  • 4. Can you come to the party?
  • 5. Would you come to the party?
  • 6. Could you come to the party?
  • 7. Could you possibly come to the party?
  • 8. I wonder if you could come to the party.
  • 9. I was wondering if you could come to the party.
  • 10. Would you mind if I ask you to come to the party?
この10個の例文のうち、ビジネスシーンなどで間違いなく使える丁寧語は「7.から」と覚えておくといいでしょう。文が長ければ長いほど丁寧になります。

⭐️あと2つコツがあるのですが、それはまた改めて(^ ^)


オックスフォードとケンブリッジは言わずと知れたライバル校同士ですが、ボートレースになると、それがもっとも顕著に表れます。

BBCのニュースサイトの記事を見てみましょう。

The Boat Race, an annual rowing contest between crews from Oxford and Cambridge University Boat clubs, features a women's race at 16:31 GMT and a men's race at 17:31 GMT.

〜Annual rowing contestで毎年恒例のボートレースの意味です。

This year marks 80 years since the event was first televised by the BBC.

〜BBCでほ放映してから80年記念の年にあたるのですね!


{60F15569-2851-4D85-896C-BE4F1B2067ED}

〜過去5年では、オックスフォード(男子チーム)が4勝1敗won four of the past fiveです。

ところで、最後に書いてあるthe Lighr Bluesは、なにを指していると思いますか?

実は、ケンブリッジ大学を指します。スクールカラーが水色だからなんですね。

上の写真でボートクルーが着用しているタンクトップは、まさにケンブリッジブルーです。

一方、オックスフォード大学はthe Dark Bluesと呼ばれます。スクールカラーは紺色のような深い青です。

{F2A3E0DB-C498-4FD5-81C7-B9AE834FDC55}

実は、プリムスアカデミーのスクールカラーはオックスフォードブルーを基調にしているんです(^ ^)


{14952E1F-90FD-43FE-AF72-349EB55595E0}

いよいよ明日は、一年一度のボートレース!

わたしはもちろん、母校を応援しています。がんばれオックスフォード!!

写真や元記事はこちらから


Japanese and Singaporean passports are the most powerful in the world with the UK's remaining fourth and USA's fifth

日本とシンガポールのパスポートは、世界最強〜イギリスは第4位、アメリカは第5位

というmail online のニュースです。
{F28979F9-4FCD-4E32-A4FB-543C7108D75D}



  • The annual study ranks nations based on the number of countries their citizens can travel to without a visa ビザなしで渡航できる国の数に基づいて格付け
  • The Singaporean and Japanese passports are top as they give citizens access to 180 countries without a visa シンガポールと日本は、ビザ免除で180ヶ国に渡航できる第1位の国
  • Germany is second on list, the UK remains in fourth, while the US passport stays in fifth place in the table ドイツは第2位、イギリスは第4位、アメリカは第5位

The two countries have overtaken Germany from their 2017 ranking of fourth and fifth respectively to claim the number one position in the visa restrictions index compiled by law firm Henley & Partners.

昨年はドイツが第2位だったんですね。シンガポールと日本はそれぞれ第4位と第5位でした。

それだけ世界の国々から信頼されて、平和で友好的な関係を築いてきたという証ですから、うれしく誇らしいですね!

写真、英文共に出典元mail onlineのリンクはこちら