大変ご無沙汰しております。
コロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか。
 
さて、プリムスアカデミーは新たな試みとして、9月よりストアカにて「Oxford式1day英語プレゼン発音講座」をオンラインにて開講いたします。
 
 
プリムスアカデミーは、通常は幼稚園から大学、企業法人などの団体様のみにレッスンをご提供していますが、コロナで様々な催しや対面講座が難しい中、楽しくスパルタに英語の発音を学んでいただける講座を一般向けに開講することにいたしました。
 
私が担当する2時間の講座を「Skype」を使って実施いたします。Skypeアカウントがなくてもご参加いただける仕組みとなっています。
 
直接私がみなさんとお会いするのは、このストアカ講座のみとなりますので、ぜひ会いに来てくださいね!
 
9月から10月の間で開催予定です。
 
レッスンの詳細やお申し込みは、下記リンクよりご覧くださいませ。
 

1/14に、ピコ太郎プロデューサーの古坂大魔王さんと、

NewsPick StudioのCEOである佐々木紀彦さんが司会を務める

「知の格闘技」生放送番組The Updateに出演いたしました。

 

議論のテーマは「日本の英語教育は間違っているのか?」。

 

日本の受験を目的とした英語教育の是非や、英語上達の秘訣を自らの経験に即して話すなど、

大盛り上がりの1時間でした。

 

論客の皆さんが人間的魅力に溢れる素敵な方ばかりでしたので、

実は、グローバルに活躍するときに求められる「和して同ぜず」が体現できた時間でもあり、

それこそがこの番組で伝えられたいちばん重要なことだったように思います。

番組では語りきれなかったこと

私は、英語教育政策史や応用言語学を専門としながら、英語教育/国際理解教育事業を手がけ、

大学非常勤を務めているという立ち位置での意見を求められていたと理解していました。

 

ですから、出来るだけその見地から意見を申し上げようとしましたが、番組の時間には限りが

ありますので、言い切れなかったことがたくさんあります。

 

そこで、光栄なことにキングオブコメントを受賞した「したごころ」や、AI翻訳の話題で

取り上げた「畳の上で死ねると思うなよ」というセリフの裏側にあったこと、英語学習や

英語教育政策についての私見などを数回に分けて綴ります。

 

第一回のテーマは「データの信憑性を疑え」です。

TOEICは「世界的な英語試験」?

さて、冒頭の佐々木さんが議論テーマについてまとめるコーナーがあります。

さすが、簡潔にわかりやすくまとめていらっしゃいますね(0:06:58あたりから)。

 

しかしながら、解説に使用していた「TOEICの国別スコアランキング」に関しては、

ちょっと疑ってかかる必要があります。・・・・・・

 

続きはnoteに有料公開しています。

TOEICの世界情勢や成り立ちなどについてまとめました。

 

全文はこちらからご購入いただけます。

 

 

 

 

友人の紹介で、noteをはじめました。

ブログならではの良さもありますが、

ブログでは書ききれないことをそちらにて

発信しようと思います。

 

初めての記事は、私が短大から就職したものの、

全く役に立たずで心身ともに疲弊し、夜間大学に

編入して・・・という今までの歩みを簡単に

振り返っています。

 

note記事はこちらから。