ピルグリム2019、あと9日

テーマ:
こんばんは!
あと9日でピルグリム2019、初日ですよ。
あ、今『初日ですよ』と書いた瞬間、一気に実感が押し寄せ、ちょっと心の臓が苦しくなりました。
その途端、一瞬の揺らぎを見逃さないもう一人の自分がムクリと起き上がると目を爛々とさせながら言うのです。



おっと。
いいかい、梅津瑞樹。
9日しか、ないのではなく、
9日も、あるんだ。
年明けからこっち、一ヶ月半にわたる稽古期間、その中でも、きっとこの一週間は最も濃密なものになるであろうことは想像に難くないよ。
いや、なるんだろうなぁと呆けた顔で待っていてはいけないよ。
君自身がそうしなくてはいけないんだ。
さあ、そうと決まれば先ずは何処から、何から考えようか?
まさか今日の通しのあんな芝居で満足しているわけじゃあないよね?
先輩達は毎日色とりどりの、それも面白いモノを持ってくるよね?負けていられないよね?
後輩達も日々どんどん良くなっていって何だか目が眩むよね?
君はどうだい?
PS4で遊んでいる場合じゃないんだよ、わかったね?



僕はゲーム機の電源へと伸ばしていた手を引っ込めると、踵を返して玄関へと向かいます。
そして、帰って靴を脱いだ時からぞんざいに放り出したままのリュックサックへと飛びつくとそこから台本を引っ張り出してやにわに捲り始めるのです。
この瞬間、もう一人の自分への敗北が決定的なものとなり、
そうなったが最後、彼は頭の中で延々同じ様なことを得意げにのたまい、頻りに揺らぎを責め立てます。
これはもう自意識の戦争です。
でもこうした揺らぎによって生まれた波を楽しんでいるサーファーな自分もいたりするので、まあよし。
そして一体何人いるんだ、お前ら。


さて、最近の稽古はというと、連日通したり、終わったあと大道具にみんなで色を塗ったりと、最後のコーナリングに入ったなぁといった感じです。
通す度に違う感情を発見するのでそれが楽しみであるのと同時に、新たな感情で苦しくもあり。
そして没入していくに連れ、日常が役に引っ張られていく感覚、というか自分の性質が役から多大な影響を受けているということに何気ない日常会話の中で気付かされます。
想像の力って凄いね。


そういえば先日、役に合わせて遂に髪を切りました。
伸びっぱなしだった髪に別れを告げ、一体どんな髪型になったのか…
ちょっと上げてた時に龍ちゃんと写真撮った気がするけど、下ろすと…
本番までは秘密です。
ですが、なかなか面白いことになっているということだけお伝えしておきます。お帽子が手放せません 笑


最近、ビューティーをプラスする系の写真アプリがあまりに肌を綺麗にし過ぎてゆで卵みたいにしてくるので普通にiPhoneのインカメを使って撮っていたらちょっとお洒落な感じ(よく知らんけど推定インスタとか、WEARみたいな)に見えるし、自分盛りませんよ?みたいなアピールちょっとクールなんじゃない?というしょうもない目論見で始め、いい感じに撮れた時は楽しいのですが、最先端のレンズによって浮き彫りになる本当の自分は往々にして陸に打ち上げられた深海魚みたいな感じです。アクアマンによろしく。


という訳で、帽子の下と本当の梅津の姿、是非、劇場にてその目で確かめてくださいね。