【ストウブ鍋】使用する前の準備/保存方法/焦げ付いたら | ナチュラル美人の処方箋 ~写真で綴る日々とごはん~
2012年11月28日

【ストウブ鍋】使用する前の準備/保存方法/焦げ付いたら

テーマ: ┟ STAUB(ストウブ)鍋

フードコーディネーターMizukaのおいしいブログ。


■ストウブ鍋を使用する前に
使用する前の準備 ~シーズニング~
鋳物は長く使用するために、”シーズニング”とよばれる作業をします。
※ストウブ鍋はそんなに手間はかかりません。


(1)ふたと本体に接続されている白いプラスチックの留め具を外す。(捨てないこと)
(2)お湯でながし、スポンジに少量洗剤をつけて洗い、布で水気をふく。
(3)油を適量入れて弱火にかけ、温まってきたら鍋の内側全体になじませ、3分ほど火にかけて止める。
(4)冷めたら油がにじみでてくるので、キッチンペーパーで油をふき取る。
(5)<3>と<4>を最低でも合計3回繰り返す。
(6)完全にさめたら本体と蓋の縁に油をなじませ、<1>の留め具を装着して保管する。


■使い終わったら
(1)粗熱がとれてからスポンジとお湯で優しく汚れを落とし、(基本的に洗剤は使用せず、汚れが酷いときは洗剤を小量使っています)水気をよくふきとる。
(2)本体と蓋の縁に油をなじませ、<1>の留め具を装着して保管する。


【本体と蓋の縁に油をなじませる】
ホウロウ製品は、縁の部分は錆止め加工がされていないので、油をなじませておくのがおすすめです。

※特に長期間使用しない場合は必ずしておきましょう。


【プラスチックの留め具】
こちらも通気性を良くして錆予防のために付属でついています。


■鍋底が焦げた時は(ル・クルーゼも同様)
スポンジでこすってみてびくともしない場合も、あわてなくて全然大丈夫です!


(1)鍋に3cmほど水をはって、重曹を大さじ1ほど加えて中火にかける。
(2)沸騰したら中弱火にして5分ほど火にかけて止める。
(3)ほどよく冷めたら優しくスポンジでこすればOK!魔法のようにすっとはがれます。あとは上記、「■使い終わったら」の工程と同様です。


ストウブ鍋、上手に付き合って長く愛用しましょ~! Mizukaキラキラリラックマ

トータルフードコーディネーター/利き酒師 Mizukaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]