ここ数年、風邪や上咽頭炎から来ているであろう偏頭痛で苦しんでいました。

 

ストレスなどの心因性で風邪をひきやすいのだと思いますが、とりあえず痛みをなんとかしたいと思って、いろんなサプリメントを試していました。

 

私は、ロキソニンなどの西洋薬は好きではないので、そういう薬には頼りたくなかったのです。

 

以前ご紹介したタルトチェリーも、多少、痛みに効果がありました。

 

ストレートネック(スマホ首)が痛いので、タルトチェリーを飲んでみた。

 

もう一つ、効果があったのは、マグネシウムです。

 

 

マグネシウムは、私たちが普段食べている食材に含まれているミネラルなので、特殊なものではありません。

 

野菜や大豆などに含まれています。

 

豆腐を作る時に使われる「にがり」は、マグネシウムが主成分です。

 

実は、このマグネシウムには、頭痛を和らげるのに効果があると言われているのです。

 

 

マグネシウムにも、いろんな種類があります。

 

にがりでよければ、アマゾンに安くで売っています。

 

 

にがりにはマグネシウムが含まれていますから、これを摂取してもいいと思います。

 

私は、このにがりもアマゾンで購入して、ご飯を炊く時に入れています。

 

 

ただ、私の場合は、もう少し量を摂取したかったので、特殊なマグネシウムをアイハーブで注文しました。

 

Life Extension, Neuro-Mag, Magnesium L-Threonate

 

これは、MIT(マサチューセッツ工科大学)の科学者グループが開発したマグテイン(L-トレオン酸マグネシウム)というマグネシウムです。

 

このマグネシウムは、脳にも良い影響があるということです。

 

カプセルだと割高なので、パウダー状の商品を購入しました。

 

水に溶かしたり、オブラートに包んで飲めばいいと思います。

 

 

このマグネシウムを飲むと、多少、頭痛が緩和するように思います。

 

ロキソニンのような効果はないと思いますが、西洋薬が苦手な人にはいいのではないでしょうか。

 

もう一つの効果として、肩こりや腰痛などの筋肉の緊張をほぐす作用があるのです。

 

ですから、コリに悩んでいる人は、マグネシウムを試してみてください。

 

 

筋肉の緊張を緩和させる効果があるならば、もしかしたら、あがり症にも効果があるのではないかと私は思いました。

 

私が調べた限り、あがり症にマグネシウムが使われているという事例は、現状では、見つけることができませんでした。

 

ミネラルですから、劇的な効果はないと思いますが、筋肉の緊張をほぐすならば、あがり症を多少は緩和させる効果もあるのではないかと私は思います。

 

ボイトレ指導では、あがり症をなんとかしたいという声も多かったので、気になる人は、マグネシウムを試してみてください。

 

ちなみに、マグネシウムは、喉の炎症にも効果があります。

 

ですから、歌を上手にするサプリメント的な効果もあると思います。

 

あがり症に効果があまりなくても、喉や体には良いミネラルだと思います。