こんにちは!リハビリテーションおよび鍼灸・漢方診療の、【みずほ動物病院病院】(http://mizuhovc.com)ですうさぎ


先日は、また人間の方の学会に参加してきました。

⬇︎標語が、「運動器 いつでもどこでも 超音波」というのがなんともマニアックです(笑)
{225DA875-3253-43EB-98AC-DF7F4017E1F7}

{47118791-E45A-44E4-B69B-D449AD5C8787}

あまりに楽しかったので8時半スタートのモーニングセミナーから閉幕まで丸一日参加していましたニコニコルンルン


治療のための超音波ではなく、診断や評価に使うエコー検査の話でした。


時代は筋膜リリース。
学会ではもっと広義のFasciaリリース(ファシア:体のありとあらゆる膜)がホットトピック。


リリースしたい領域へ超音波を使って狙いを定めて、注射を打ち、患者さんの痛みを取り除いています。


まだ発展途上の治療法のようでしたが、ビデオで出てくる患者さんたちの様子を見ていると、とても興味が湧きました。


首が痛いワンコの鍼治療とも似ていて、、、。


⬇︎こちらは患者さんの歌ちゃん。ストレッチや鍼は嫌いではなく、毎日お散歩に、室内運動に、頑張っています照れラブラブ
{295F7AA6-0953-45C1-B8D6-0FEA6A658CC6}


行けるものならすべての講義やパネルディスカッションを聞きたかったですが、同じ時間で同時進行していると残念ながら聞けず、、、アセアセ



こういったスーパーエコーは、お安くても素敵な新車が買えるお値段なので、いきなりは無理ですが。



でも、往診で鍼治療していると、ときどき、

これはお腹の中にガンらしきものがあって体調不良で歩けないのでは?

と思う子に遭遇することもあります。(視診や、触診、経過から検討がついてしまうことがあります)


飼い主様にはもちろんそれをお伝えしますが、そんなとき、エコー画像があったほうが安心だし、とても説得力がありますよねニコニコ



早期発見できれば、かかりつけの動物病院に連絡を取って、早くにQOL(生活の質)の改善につながったらいいなと一獣医師として思います。


東洋医学的な側面からは特に必要ありませんが。

(でも、リハビリに関しては正確な病状の把握に繋がるので、とても大事ですね)



というわけで、
普段から使えるエコーをただいま物色中ですニコニコ
往診の際に、必要な時にお役に立てたらと思います。



★おまけ その1★

⬇︎飼い主様に教えていただいた川崎の生田緑地にて。

慢性腎不全のすく太犬は食事のイヤイヤが激しくて、担当の父親泣かせですがアセアセ爽やかな緑の中でゴキゲンな様子ラブラブ

「オヤジィ、美味いもん食わせろ〜ぅルンルン
{40DAA7F6-E8CA-49B3-9F03-D1D7D33B9BB4}

★おまけ その2★

可愛い黒ラブのお友達が我が家へ遊びに来てくれましたラブラブラブラブ

うちはもう家族大集合で、わんわんふれあい広場みたいなひと時になってしまいましたがアセアセずーっと嬉しそうにしてくれた、とっても良い子ラブラブ

また遊びに来てね!
{73E28759-4086-48BB-BAD7-7C4231375925}




◆診療のご予約・個別のご相談は下記のホームページよりお願いします

みずほ動物病院のHP


AD