2011年01月01日

2011年日本の運勢

テーマ:日本の運勢

階段で一段踏み外してしまった2010年


2011年、日本人は否応なく大きな変化を受け入れることになるでしょう。

2010年、日本国の政治は階段を上がりそこなって足を滑らせてしまいました。

この失敗の1年間、どう取り戻せるのか。

階段を一段踏み外したダメージは夏までは続くでしょう。

それどころか、夏までの間に更に1段滑り下りる危険性が大きい。

機構を立て直して力を集合させないと心地良さ全部を失うことになります。

つまり、できるだけ早い段階で、2010年までのやり方を一掃すること。

1年間の失敗を取り戻すのは半端なやり方では難しいでしょうから。




なまあたたかい「和」の世から日本脱却すべき


なまあたたかい「和」の世界から脱却して、脚力をつけスピードを持つためには、

空気の精人の力を活用することが効果的です。

空気の精人を中心に土の精人、動物の精人、LAYとTOP人種が

サポート軍団になり、新しい「志」に向い一気に方向を変えれば

間に合うかもしれません。

年明け早々にも、旧態を解体、新しい形態構築の思想が必要になっています。

国を挙げてのリストラが成功するかしないかで国の命運が左右されます。

しかし、新しい日本へ向けてダイナミックな構造改革を目指す兆しは

現在のところ見えていません。

そこで、この流れのままの2011年、日本丸を透視してみましょう。


2011年の10月までは
植物の精人 水の精人 の運勢ですから、

経済力はBREAK期、つまり育成期に入ります。

政府のトップは経済政策を何より優先して、国としての勢いを育てようとし、

それはある程度の成功はするでしょう。

世界大戦後から現在まで、我が国は経済や仕事を第一義優先に据えてきました。

その勢いが夏頃まではなんとか残っていますから。

しかし、8月までに政治的大打撃、国の存立が危ぶまれる事件が発生しそうです。

その頃の日本は、航海中の船に例えれば舵が壊れかけて操舵不能に近い状態。

外国からの攻勢にさらされ、痛手は日本丸に大きな打撃と恐怖を与えました。

元気になりかけた経済も、再び失速し群島の海を迷走漂流する危なっかしい

運行の日本丸です。

風に流され、波に乗せられて何処へ行くのやら。

あちらこちらの島に危うくぶつかりそうで、何とか衝突は避けられている様子ですが、

いつぶつかって崩壊するか、座礁するか。

行く先を自力で決める能力を失くしつつある心もとない状態です。

国内は混迷し、国民は右往左往しています。

その上、土が水に覆われる…未曾有の大きな水害に見舞われる。

国民は、ここに来てやっと政府には頼れないことに気がつきました。

優秀な頭脳、高い能力の者達は、家族と共に海外へ出て行こうとする。

日本という国の立地、国土の狭さ、資源の少なさばかりが、

不利な条件として目立つこの混迷は2011年いっぱい続くでしょう。

しかし、なんとか沈没せずにいられるのは、長い年月、アメリカに守られながらも、

国中が努力を重ねて来た結果として持てた底力と言うか、経済力のせい。

ただし、それにも限度というものがあります、時間は静止しないのですから。

年の瀬を待たずに、日本丸は大きな洞窟の中に突入し、出られなくなりました。

漂流は終わったけれど、暗闇の世界に閉じ込められてニッチモサッチも、

行かない状態です。

今まで、国としての「志」より経済を優先させてきたツケが廻ってきました。

今年多少元気が回復しただけの経済力では、この状況からの自力脱出は無理。

どこかに助けてくれる友人のような国はないのだろうか。

未来へ向かう信念とか志とかを持たなかった者には友人がいる筈もありません。

日本丸を洞窟の暗闇から友情で引き出そうとしてくれる国はいないのです。

暗闇の中で、国中挙げて恐怖のどん底に落ちた。

洞窟の中に閉じこもっていたのでは、国内の農業も駄目、貿易も駄目、製造業も

サービス業も駄目、八方塞がりです。

高齢者は生きる目的を見失い、病人が増え始めました。

なんと恐ろしい2011年。

これを避ける方法はないのかと言えば・・・それは、今ならある。




政府のトップを入れ替え、国民は世界人としての意識を持つ



未来の運勢を変えることは、決心と覚悟があれば案外容易に出来るものです。

それは、今すぐ政府のトップの人事を入れ替え国民は世界人の意識を持つこと。

水の精人 (管総理、鳩山元総理)、石の精人 (小沢氏)この3人の心の個性は,

水の精「経済」、石の精「和」が正義なのですから総理大臣には不向きなのです。

この3人には、国を正しい方向へ進め国民の幸せを維持する力がないことを

我々は正視し、これ以上の足踏みはもう許されないと慌てなければなりません。

「もう少しだけ様子を見ようか」そんな暢気を言っている余裕はないのです。

彼等が国を想う気持ちは理解しても、如何にも総理大臣は不向きなのですから。

今我々は「国が危険に晒されているから何とかしよう」と叫ぶべき時です。

その叫び声は大きくないと、現在の機構を壊す力にはなりませんので、

皆で大声を出して、人事の入れ替えと構造改革とを要求しなければなりません。

同時に
空気の精人 動物の精人 土の精人 、そしてLAY TOP 人種は、

嫌われるを覚悟で、手を挙げ立ち上がるべきです。

道が見えているのですから。

岡田氏、玄葉氏、長妻氏(空気の精人)を中心に、前原氏、連舫氏(土の精人)、

そして野党の中でも河野太郎氏(動物の精人)等も含めて構造改革を断行、

日本丸が航行不能にならないように、正しい方向へ舵を切る。

たったひとりが掲げた「志」を数人が支える一見小さな組織が、

社会も国も大きく変えて行く力になるのです。

「たったひとり」 日本を愛し日本国のために死ねる「たったひとり」が掲げる

斬新な「志」。

その「志」が日本をポジスパイラルへと誘導しひっぱる風景が見えています。

「志」に心を動かされた優秀なサポーター達が力をあわせて動き始めたら、

大きな音で「ガックン」とギアーが1段入り、悪夢への航行路は消えました。

良い方向へ進路を変えられた感動に、国民全員が嬉しく酔うことでしょう。

日本丸は迷走などせず、しっかり航行し、新しい個性の国になっています。

新しい個性の日本丸は、海に囲まれ、清い水が豊かな美しい国。

国民の心は自立し始め、ちっちゃい子供がた~くさん走り回っています。

そんな子供達と一緒に遊ぶ高齢者は元気はつらつ。

ああ、良かった。

しかし、心配なのは、期待の「たったひとり」が、今政治から離れようと

していることです。

大きな無力感、挫折感に苛まれているのでしょう。

「辞めては駄目、そんな無責任な事を考えている場合じゃあありませんよ」

日本のために、頼みますよ、

日本にとってとても大事な「たったひとり」様。

今あなたが頑張らなきゃあ、我が国は悪夢へ向かうのですから。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

Fate Analyst 瑞穂 み すぐりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■ほんとの事です

彼女のブログ内容は嘘偽りの無い‥

ほんとの事です。

今‥

何が大事か‥
何が目標か‥


彼女は切実に訴えています

目先の小手先事ではなく大きな時流の流れを読んでいます

現代人は今が良ければ総て良しの考えを改めなければ(本来の現実を直視しなければ‥)

後戻りするしか無いでしょう

後戻り即ち滅亡を意味しています

彼女は地球が日本が皆さんが大好きです

そうなって欲しくないから‥

切実に訴えています

一人一人の

皆さんの

日本人の

忘れかけてた生きている感謝の心を呼び覚ましてと‥

わかってあげましょう

すべてに感謝する心を持って‥
生かされている事を‥

2 ■無題

あなたの記事を改めて読んでみると心が憂鬱になります。地震の予言はすごいですが、世の中不安定な中一日一日を懸命に生きている人たちを失望させるようなことは書かないでください。

1 ■無題

すごいです!
2011年の3月に大地震が起こりましたね
本当、すごいです!!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。