最後の赤ワイン | 九学 || 瑞穂 み すぐり
2010年12月19日

最後の赤ワイン

テーマ:生き方

秋の森、明るくて静かな午後の日差しの中を婦人がゆっくり歩いて、
温かそうなベンチの前で立ち止まりました。

ベンチが話しかけています。


「お疲れでしょう、少しお座りになりませんか」


「ありがとう。美しい景色を見ながら、幸せな時間をご一緒させてくださいね」


婦人が静かに椅子に掛け、背筋も顎も伸ばして四方を見回すと、
上の方で枝がさわさわ揺れ、木の葉がいっせいに落ちてきました。


「椅子さん、こんな贅沢をひとりで楽しんでらしたあなたに、
今日からご一緒させていただくお願いに来ましたの、よろしいかしら」

「もちろんですとも。どうぞ私が朽ち果てるまで、ここにいらして下さい」

彼女は、そっと頷くと、ふわふわのバッグから、きれいなグラスを取り出してテーブルに並べ、
小さな瓶から赤いワインを満たして言いました。


「椅子さん、それに木の葉さんたちも、聞いてくだいな。
明日で私は満126歳になります。
ふっふっ、そうは見えないでしょうけれど、今日が人生最後の日になりました」

婦人は立ち上がって、グラスを差し上げ、一口喉へ。

「ああ、おいしいこと。すばらしく美味しい最後のワインだわ。

この景色の中で、全てにお礼をしてから、自分に乾杯をしたくて来ました。
本当に本当にありがとうございました。
今、私の胸には、感謝の気持ちだけでいっぱいなんです。
なんて幸せな一生だったことでしょう。
思い切りの感謝をしてから、最後に大好きな赤ワインを頂かせて下さいね」

そう言いながら、婦人はワインを飲み干し、満足の微笑みを浮かべていました。

「優しい椅子さん、今日から、私の思い出をここにおいて下さいね」

椅子に座りなおし、机に身体をもたせて、婦人は微笑んだまま眼を閉じました。

「ありがとう。そして、さようなら、みなさん、ごきげんよう」

ワインのグラスがコトリと倒れても、相変わらず静かな秋の午後でした。



Fate Analyst 瑞穂 み すぐりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス