2010年09月30日

高齢者の「気」が表彰される日

テーマ:生き方

老化とは、肉体から生命力が少なくなり、ついにはなくなっていく移行過程のこと。

生命力とは、身体の中の発電所で発電される電気の「気」。

成長期の若者の「気」はとても強くて、見るからに生命力に溢れているけれど、

普通の老化は、成長が終った時点で既にスタートを切っていた。

成長期にかかった時間の約5倍をかけて、ゆっくり老化し生命が収束して行く。




生命力の「気」の発電所は身体のどこにあるかと言えば、それは筋肉の中。

筋肉で発電された「気」は体中を廻り、外へも放出されて輝き魅力となる。

お相撲さんの身体がピンク色に輝いているのは、ほとばしる「気」の量のすさまじさ。

心は、生命力に憧れているから、この「気」の魅力には無条件に惹かれてしまう。


しかし、老化は、その「気」が減って行くことなのだから、悲しいんだな。



老化が進むほど、誰の心からも無条件に魅力を感じられなくなってしまった。

心の深さ、優しさ、思慮の深さ、正義感、愛の大きさ、または経済力から出るゆとり感や

落ち着き感などが漂わないことには、老人は魅力的とは感じられない。




では、仕方がない、自分で筋肉を造ろう。

そうです、それが出来たら、あなたは絶対に偉い人です。

高齢になっても若々しく行動している人は、表彰されるべき偉業の人。

筋肉は、自分で造るしかないのだから、いつまでも筋肉を保つ人は絶対に偉い。

年齢だけの敬老も良いけれど、高齢者の若々しい行動力に敬意を払う思想があれば、

社会が変わるかもしれない。



「気」で輝く高齢者を尊敬する思想は、これから必要ではないだろうか。


「気」を測定することは、難しくはないはずだから、並んで測定してもらおう。



そこで、注意したいのは、腸からも「気」が発電されているのを忘れないこと。

腸の筋肉はとても多いのに、その鍛え方が難しい。

身体を前に曲げ、後ろに反り返り、横に倒し、腕で上に引っ張る。

そして、腸の中を常に満杯の状態にしておかない。

食事は唾液の助けを借りて、若い頃よりもよくよく噛んでから喉を通す。


ここで、腸を刺激する煙草の効用が見えてくるけれど、それは内緒、内緒。

ともかく、魅力的高齢者を目指して、筋肉を鍛えたら、いつか表彰されるかな。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Fate Analyst 瑞穂 み すぐりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。