【三鷹 三鷹市税理士 会社設立届出書無料相談 おすすめ 口コミ 評判】太宰治縁の陸橋の撤去工事中 | 三鷹 吉祥寺 武蔵境 税理士 相続・遺言・起業・会社設立・確定申告/三鷹市、武蔵野市 野良うさぎの青雲ブログ【将軍への坂道】

三鷹 吉祥寺 武蔵境 税理士 相続・遺言・起業・会社設立・確定申告/三鷹市、武蔵野市 野良うさぎの青雲ブログ【将軍への坂道】

三鷹市下連雀にある税理士&行政書士事務所で頑張る足軽ブログ。三鷹税理士事務所での侍大将、将軍を目指す山あり谷あり人生を描きます。また、武蔵野市(吉祥寺、武蔵境)、三鷹市(三鷹)、小金井市(武蔵小金井、東小金井)の地元情報他も書きます。

おはよ。東京都 三鷹市(三鷹、井の頭公園、三鷹台)、武蔵野

 

市(吉祥寺、三鷹、武蔵境)、小金井市(東小金井、武蔵小金井

 

新小金井)、練馬区(上石神井、武蔵関)、調布市(調布、西調

 

布、深大寺、布田、国領、飛田給、つつじヶ丘、仙川)、西東京

 

市(田無、東伏見、西武柳沢)、府中市(多磨、白糸台、武蔵野

 

台、多磨霊園)、杉並区(西荻窪、荻窪、久我山)密着 

 

年中無休 税理士&行政書士&認定経営革新等支援機関

 

相続 起業 フリーランスの確定申告に強い三鷹駅徒歩1分

 

三鷹中央通り沿いにある 税理士事務所 水原会計事務所

 

相続・ 顧問税理士・節税相談 駆け込み寺( 税金駆け込み寺)

 

で頑張る野良うさぎです。(^-^)/

 

 

今日は雨の週明け。がんばろ。雨

 

 

昨日、東京都三鷹市上連雀(三鷹駅)在住で、今現在は

 

新宿でブランドの子供服の小売り・卸の会社に勤めている

 

キャリアウーマンのお客さんに、

 

地域域密着・年中無休の個人事業の起業・開業(店)会社設立

 

(法人なり)・確定申告・準確定申告・相続税申告書・遺言書

 

作成、生前贈与無料相談のとき(税金駆け込み寺)、いろいろ

 

聞かれたんだな。

 

「先日会社を退職し、起業にあたって合名会社を設立しました。

 

会社設立後にまず何から始めたらいいか相談にやってき

 

ました。

 

会社設立の届け出書一式の作成は依頼できるのでしょうかはてなマーク

 

あと、仕事と関係ないですが、地元の文豪の名士として有名な

 

森鴎外か太宰治のうちのどちらかの命日が確か今月のいつか

 

だったですよね!?」なんだな。耳

 

吉祥寺 税理士 ◆将軍への坂道◆ 武蔵野市(吉祥寺・三鷹)の税理士事務所(会計事務所)で頑張る天然野良うさぎのブログ

 

三鷹駅徒歩1分にある税金駆け込み寺(水原会計事務所)

 

は、フリーランス等の起業サポートと同様に相続のサポートを

 

専門とする事務所なので、起業・会社設立(創業融資)と並び

 

相続対策や生前贈与対策、遺産分割協議書の作成や

 

相続税申告書の作成や土地建物の有効利用のサポート

 

が多いんだけど、野良さんの書いている【将軍への坂道

 

を読んでいる人も最近は多いみたいで、無料相談時に

 

記事内容について聞かれることもあるんだな。ニコニコ

 

今回は、お仕事のお話の後、地元の文豪の話題で盛り上がっ

 

たんだな。ニコニコ

 

余談だけど、今回のお客さんは地元のお客さんなんだけど、

 

太宰治同様、文豪森鴎外も三鷹市在住と誤解していたので、

 

森鴎外さんは三鷹には移転した墓が三鷹市の禅林寺に

 

あるだけの旨をついでに話しておいてあげたんだな。ニコニコ

 

 

さて、設立届出書一式は過去記事に詳しく書いてあるので、

 

今回は三鷹市に住み三鷹市を愛した文豪太宰治の

 

お気に入りスポットを詳しく取り上げるんだな。

 

実は中央線に沿った電車庫通り沿いに、見晴らし・景色抜群の

 

野良さんのお気に入りの癒しスポットがあったんだな。ニコニコ

 

これが、文豪太宰治が愛したことでも有名な陸橋なんだな。

 

実は今月は、三鷹市が誇る文豪太宰治が玉川上水に入水した

 

命日にあたる月なんだな。

 

正確には今月6月13日(1948年)だったんだな。悲しい

 

野良さんは毎年6月になると、まだ若かりしちゅーぼーの

 

ころの文学少年に立ち返るんだな。凝視

 

その当時、走れメロスをはじめ、太宰作品はよく読んでいた

 

んだな。ウインク


吉祥寺 税理士 ◆将軍への坂道◆ 武蔵野市(吉祥寺・三鷹)の税理士事務所(会計事務所)で頑張る天然野良うさぎのブログ

 

歴史上三鷹事件でも有名な電車庫通り沿いにある


この写真が、当時の太宰治と陸橋の写真なんだな。


昭和4年、三鷹電車庫開設時に造られた電車庫の


引込線と中央線線路を覆う全長90mの鉄骨の橋なんだな。グー


太宰治が気に入っていた場所で、黒マント姿で写した


写真が橋の麓に飾ってあったんだな。目

 

太宰治は友達などを連れてよく訪れ、その景色のよさを自慢した

 

らしいんだな。耳

 

当時とかわらない姿のレトロな陸橋は、実は今解体撤去中

 

なんだな。残念だけど維持費が高いのが撤去の最大の原因

 

みたいなんだな。ガーン


 

 


では、今日はこのへんでーパー